ゴキブリ駆除剤・先回り消臭…日用品2020年ヒット商品2020年ヒット商品

日経トレンディ

日経トレンディ

日経トレンディは12月号で2020年の「2020年ヒット商品ベスト30」を発表した。新型コロナウイルスは世情を反映し、予想外のヒットも多く誕生。ヒット30に選出されたものを含め、主要11業界のヒットを網羅。ここでは日用品・雑貨の分野を紹介する。

日用品大賞はゴキブリムエンダー

「ゴキブリムエンダー」(大日本除虫菊)

日用品の大賞は、全体のランキング10位の「ゴキブリムエンダー」だ。ゴキブリの姿を見ずに退治したいけど、「くん煙剤」は面倒……、そんな人に「救世主」となった。大日本除虫菊(金鳥)が2月に発売したスプレータイプのゴキブリ駆除剤で、ゴキブリに向けて噴射するのではなく、部屋の空間に何度かプッシュして使う。細かな殺虫成分が隅まで行きわたり、床面を中心に薬剤が付着することでゴキブリを追い出し、駆除する。

用途としてはくん煙剤に近い。もっとも、煙や霧を室内に充満させるくん煙剤と違い、食器類や家電をカバーする事前の準備や、使用後の後片付けは不要。1部屋だけの駆除もでき、使用中に外出する必要も無い。

蚊取り線香や殺虫スプレーで使われる安全性の高いピレスロイド系薬剤を使い、無煙でも高い効果が得られるスプレー駆除剤を約10年をかけて完成させた。

この画期的な使い勝手の良さが認知されて次第に販売を伸ばし、発売2カ月後の4月以降は、くん煙剤の2大ブランドである「アースレッド」(アース製薬)、「バルサン」(レック)に伍(ご)するほどの売れ行きを見せた。従来品と食い合うのではなく、新たな顧客を開拓することで、くん煙剤市場でいきなり3割程度のシェアを獲得したのだ。

床の菌の増殖を防ぐファブリーズ

「ファブリーズ W消臭トイレ用消臭剤+抗菌」(P&G)

「ファブリーズ W消臭トイレ用消臭剤+抗菌」(P&G)も全体の17位となった。家にいる時間や人数が増えたら、トイレのにおいが余計に気になるように──。そんな悩みをタイミング良く解決して売れた。

トイレの壁に染み付いたにおいまで防ぐ従来品の機能に、床の菌の増殖を防ぐ「24時間抗菌」効果も新たに加えて4月に全国発売。以降、トイレ用消臭剤の市場拡大のけん引役となっている。

床の抗菌効果が加わることで、新たなにおいがより発生しにくくなり、掃除の手間も減ると期待できる。消費者の抗菌意識が全体的に高まったことも売れ行きを後押し。どこに置いても悪目立ちしないシンプルなデザインも受け、トイレ用消臭剤を使っていなかった人の購入も促した。

この商品が原動力となり、P&Gのシェアは3月以前の10%台から30%超に倍増。トイレ用消臭剤ではエステー、小林製薬の2強状態が続いていたが、完全な三つ巴に市場構造が変化。デザイン性の向上、消臭技術の加速という新たな競争のトレンドも生んだ。

「CHARMY Magica 速乾+」(ライオン)

「CHARMY Magica 速乾+」(ライオン)は水切れが良いため皿などが速く乾き、拭くストレスも軽減できる食器用洗剤。その速乾性に驚いた利用者の声がSNSを中心に広がり、20年4~8月には前年同期比150%の販売実績(金額)を達成。家事をラクにするアイテムとして受け入れられた。

「ウタマロ石けん専用ケース付き」(東邦)

「ウタマロ石けん専用ケース付き」(東邦)は人気の洗濯せっけんと専用ケースのセット。19年8月から限定販売を開始し、20年10月までに累計約11万個を売り切った。約60年の歴史を持つ「ウタマロ石けん」の専用ケースはこれが初めてで、利用者の反響が大きかったという。

「キュキュット あとラクミスト」(花王)

「キュキュット あとラクミスト」(花王)は食器にスプレーして置いておくと、後でラクに洗えるという洗剤。外出自粛で自宅での食事が増え、食器洗いの負担を軽減したいというニーズに合致した。20年4月の発売から3カ月で140万本出荷。当初計画していた1.5倍の売れ行きを記録した。

次のページ
先回りしてブロックで100万個超え
MONO TRENDY連載記事一覧