キャリア設計にコーチング やりたいことを一緒に発見エグゼクティブ層中心の転職エージェント 森本千賀子

マンツーマンで寄り添うサービスは様々な分野に広がってきた(写真はイメージ) =PIXTA
マンツーマンで寄り添うサービスは様々な分野に広がってきた(写真はイメージ) =PIXTA

昨今、「コーチング」スタイルのサービスが拡大しています。個人の課題や目的に合わせたプログラムを組み、パーソナルコーチやパーソナルトレーナーが目標達成まで伴走するといったサービスです。

プライベートジム「RIZAP(ライザップ)」がよく知られていますが、フィットネスのほか、英会話レッスンなどでもこうしたスタイルが増えてきました。競合が激しい分野では、「いいコンテンツを提供しさえすればユーザーを獲得できる」というわけではありません。より個人に寄り添うサービスが求められているといえそうです。

そして、「キャリア」の分野においても、最近、コーチングスタイルの新サービスが生まれています。キャリアに関する相談対応やアドバイスは、これまで「転職エージェント」が中心に担ってきました。

個人の目標に寄り添う伴走型サービスが「キャリア」分野にも

転職エージェントの一般的なビジネスモデルは、「転職希望者や今後のキャリアを考える人が転職エージェントに相談するのは無料」「転職エージェントは自社が企業から依頼を受けている求人案件を紹介し、転職が成立した場合、採用した企業から成功報酬を受け取る」というものです。

一方、最近登場しているキャリアコーチングサービスは、そうした転職支援サービスとは異なる特徴を持っています。

・転職やキャリアについて相談したい人が料金を支払う

・「転職」を前提とせず、その人の志向や希望に応じたキャリア設計を支援する。自社で特定企業の「求人案件」を持たない

例えば、アクシスが2020年2月に提供を始めた「マジキャリ」が掲げるのは、20~30代を対象とする「転職を前提としないキャリアコーチングサービス」。専属トレーナーとマンツーマンで、過去の経験までさかのぼって自己分析を行い、キャリアの「軸」を認識。納得のいくキャリアを築くための実行プランを設計するものです。

60日間のキャリアデザイン+転職支援コースの料金は32万円(税別)。20~30代にとっては、思いきりが必要な投資額かと思います。それでもビジネスが成立しているのは、若手の「キャリア」に対する課題意識が高まっているからでしょう。

今こそ始める学び特集
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
注目記事
次のページ
「相談サービスだけでは、人は変われない」
今こそ始める学び特集