きょうは「キリン探し」で街歩き 日常世界変える作法立川吉笑

JR新宿駅北側のガード下に描かれたキリン
JR新宿駅北側のガード下に描かれたキリン

先日、師匠から「最近は犬vs.猫ゲームをしてるんだよー」と教えていただいた。

仕事のない日は午前中から都内各地で、結構な距離をウオーキングされている師匠。その道中で、犬とすれ違ったら犬チームに1点。猫とすれ違ったら猫チームに1点。ウオーキング終了時点でどっちのチームの点数が高いか勝負されているとのこと。……なにそれ!(笑)

師匠の犬vs.猫ゲームはハンディあり

師匠の話はさらに続く。

「このルールだと、犬チームが圧倒的に有利なんだよ。散歩している犬の多いこと! だから、猫チームはハンディとして、すれ違わなくても目撃した時点で1点入れることにしてるんだ」。大きな黒目を輝かせながら喜々として語る師匠。

「それでも犬チームが強いからさぁ、最近は犬が前から歩いてきたらすれ違わないように引き返すようにしてるんだよ! 特別ルールでさ、赤ちゃんとすれ違ったら犬チームがマイナス1点ということにしてるんだ。それで、きょうは猫チームが勝ったよ!」

これが我が師匠、立川流四天王の一人。六代目立川談笑だ。

僕はこの話を聞いて、やっぱり師匠の考え方が大好きだと思った。犬とすれ違おうが、猫とすれ違おうが、本当なら別にどうでもいいことだけど、そこにポイント制の対決という企画性を加えることで日常が違って見えてくる。それはまさに拡張現実的で、僕はそんな企画や考え方にグッとくる。

このエピソードで最高なのは、前方から犬が来たら引き返して回避しようとされるところ。自分で作ったルールに翻弄されて、本来の自分の行動自体が変容してしまっている。こういう状況にぞくぞくする。

これはもちろん笑い話的な要素も含まれていて、聞いた瞬間にふふっと笑えるけど、一方でよく考えたら普段の自分の生活と何ら違いがないことに気づく。猫チームを勝たせたいがために前からきた犬を避けようとする師匠は滑稽にみえる。「自分で作った無意味なルールに振り回されちゃってるよ」と。

でもこうやって締め切りに追われながら原稿を書いたり、そこで得たお金で新しい服を買ったり、眠たいけど仕事に遅れるからと無理して早起きすることなんかも、前からきた犬を避ける行為と大差ないのではないか。生まれた瞬間から1984年生まれという無意味な暦というルールに乗っかり、そのまま資本主義という無意味なルールに乗っかり、死ぬまで生きていく。張りぼてに囲まれた世界で、人生という名のままごとに興じているだけだと考えるのはニヒル過ぎるか。

師匠には言わなかったけど、実は僕も「犬vs.猫ゲーム」に似たゲームをやっていたことがある。その名も「キリンゲーム」。僕の場合、探すのは犬や猫でなくキリンだ。

注目記事
次のページ
いつものトンネルでドキドキ
今こそ始める学び特集