「鬼滅の刃」 主人公、炭治郎を育てる上司の力

「鬼滅の刃」は竈門炭治郎が残酷で理不尽な鬼たちとの戦いに挑む物語(C) 吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

集英社の人気コミック「鬼滅の刃」(作・吾峠呼世晴)を映画化した「劇場版 『鬼滅の刃』 無限列車編」の興行収入が公開から10日間で100億円を超えたというニュースが話題となりました。歴代最速記録を打ち出したこの現象は、低迷する日本経済を救う「キメツノミクス」という言葉をも誕生させています。

「鬼滅の刃」は、鬼に家族を殺された主人公の少年・竈門炭治郎(かまどたんじろう)が、唯一生き残ることができたものの鬼と化してしまった妹の禰豆子(ねずこ)を人間に戻すために、残酷で理不尽な鬼たちとの戦いに挑む物語。

「劇場版 『鬼滅の刃』 無限列車編」は2019年に放映されたTVアニメシリーズの続編であり、映画では短期間に40人以上の行方不明者を出している「無限列車」を舞台に、過去最強の敵と対峙するストーリーが展開されていきます。

煉獄の「己の責務を果たす」という信念

映画は公開10日で興行収入100億円を突破。女性の観客が多く、終了後の女性用トイレは化粧直しの人で大混雑でした(C) 吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

この作品において、炭治郎や同期の剣士たちと共に無限列車に同乗するのが、鬼を倒す組織「鬼殺隊」の最強の剣士である9人の「柱」の一人「炎柱」の「煉獄杏寿郎」(れんごくきょうじゅろう)です。

炭治郎たちにとっては上司のような存在にあたります。

煉獄は「己の責務を果たす」という信念を持ち、明朗快活で後輩への指示も的確、いわば正義感あふれる熱血漢の上司です。無限列車の中でも、圧倒的な強さを見せる煉獄から、炭治郎もすぐに良い刺激と影響を受けることになります。

そして煉獄は、未来をあきらめないために、鬼との戦いという残酷で理不尽な現実に立ち向かっていくために、鬼殺隊としての生き方や必要な心得を、主人公の炭治郎たちに教えてくれます。

「己の弱さや不甲斐(ふがい)なさにどれだけ打ちのめされようと、心を燃やせ。

君が足を止めて蹲(うずくま)っても時間の流れは止まってくれない。

共に寄り添って悲しんではくれない。俺は信じる。君たちを信じる」

煉獄は後輩に送る熱いメッセージとともに、『信じる』という言葉を通して、自身の心を燃やしながらも互いに信頼し合うことの大切さを伝え、炭治郎たちがこれから進む道を照らしてくれます。

映画の公開後、ネット上では「煉獄さんかっこよすぎる」「煉獄さんみたいな上司ばかりだったらいいのに」「煉獄さんの崇高な精神にほれた」などのコメントが並び続けています。

注目記事