衝突回避、生命の謎…米版はやぶさ欲張りなミッション

日経ナショナル ジオグラフィック社

ナショナルジオグラフィック日本版

NASAの小惑星探査機「オシリス・レックス」は、車数台分の駐車スペースほど(直径約8メートル)しかない極めて狭い場所をねらって着地し、サンプルを採取した(IMAGE FROM VIDEO BY NASA/GODDARD/CI LAB)

太陽系のなかで回転し続けること10億年。コマのような形をした小惑星「ベンヌ」に、ついに米航空宇宙局(NASA) の探査機「オシリス・レックス」が到達し、タッチダウン(着地)を成功させた。計画通りなら、探査機はわずか数秒で小惑星の表面から岩石と塵(ちり)を採取し、すぐにその場を離れたはずだ。

実際にサンプルを採取できたかどうかを確認するには数日かかるが、探査機が目標地点から76センチ以内に着地したことはわかっている。

十分な量のサンプルが採取できていれば、オシリス・レックスは2021年3月にベンヌを離れ、2年半かけて地球へ戻る予定になっている。その後サンプルを積んだカプセルを発射し、パラシュートを開いて米ユタ州の砂漠へ降下する。

オシリス・レックスは、ベンヌの歴史について豊富な情報をもたらすと期待されている。また、地球上に存在する水と生命の起源についても、理解が深まるかもしれない。

NASA惑星科学部門の責任者、ロリ・グレイズ氏は、20年10月19日のプレスリリースで次のように述べた。「小惑星は、宇宙を漂うタイムカプセルのようなものです。太陽系の誕生に関わる記録を隠し持っているかもしれません。また、私たちの地球を含め、惑星がどのように誕生したかについて貴重な情報をもたらしてくれると期待しています」

だが、なかには生命を脅かす恐れのある小惑星も存在する。ベンヌもそのひとつだ。NASAの予測によると、ベンヌは2100年代後半に2700分の1の確率で地球に衝突する可能性があるという。今から数十年後、さらに詳しい計算によって衝突が確実になれば、オシリス・レックスからのデータを使ってベンヌの動きを監視し、軌道を修正して衝突を回避できる可能性もある。

「ナイチンゲール」と呼ばれるサンプル採取地点へ無事到達するためには、表面の障害物を地図化する必要があった。緑色の部分は危険がない場所。探査機が「注意(黄色)」または「危険(赤)」地帯へ着地しそうになったら、下降を中止して別の日に再挑戦することになっていた(ILLUSTRATIONS BY NASA/GODDARD/UNIVERSITY OF ARIZONA)

古代の世界への旅

ここまで来るには、16年間という長い道のりがあった。

ベンヌの探査計画が最初に持ち上がったのは04年、正式な探査対象に選ばれたのは11年5月のことだった。だが、そのわずか数カ月後、米アリゾナ大学の惑星科学者で、オシリス・レックスのチームのリーダーだったマイク・ドレイク氏が、長い闘病の末に亡くなった。その後、アリゾナ大学の惑星科学者ダンテ・ローレッタ氏が、ドレイク氏の役割を引き継ぐことになった。

探査機は16年9月8日に打ち上げられ、数千万キロを飛行した後、18年12月にベンヌに到着した。ベンヌは、探査機が周回した天体としては過去最小で、平均直径は520メートルにも満たない。「がれきの山」が、かすかな重力だけでなんとか形を保っているという状態だ。そのような環境では、ほんのわずかな力が加わっただけでも、探査機の軌道がずれてしまう。

そのため、オシリス・レックスのチームは探査機の動きを驚くほど詳細にモデル化し、軌道を確認して、頻繁に修正を加えた。そうでなければ、軌道の誤差はあっという間に大きくなり、探査機の正確な位置がわからなくなっていただろう。

注目記事
次のページ
「はやぶさ」が切り開いた探査の道
今こそ始める学び特集