使って分かったiPhone 12 進化のポイント易しく解説戸田覚の最新デジタル機器レビュー

iPhone 12(左)とiPhone 12 Pro(右)が先行発売。本体サイズはまったく同じだ。公式オンラインストアの販売価格はiPhone 12が8万5800円から、iPhone 12 Proは10万6800円から(いずれも税別)
iPhone 12(左)とiPhone 12 Pro(右)が先行発売。本体サイズはまったく同じだ。公式オンラインストアの販売価格はiPhone 12が8万5800円から、iPhone 12 Proは10万6800円から(いずれも税別)

話題の新iPhoneがついに登場した。この秋リリースされた全4モデルの中から、今回は先行して10月23日に国内発売された「iPhone 12」と「iPhone 12 Pro」をレビューする。これまでのレビューとは少し趣向を変え、スマートフォン初心者の方にもわかりやすく解説する。スマホ関係の知識や用語に自信がない方も、ぜひお読みいただきたい。

iPhoneシリーズは、以前のモデルも併売されているので、モデル数がとにかく多い。俯瞰(ふかん)してみると、iPhone 12 Proは最上位モデルの「iPhone 12 Pro Max」に次ぐ2番目の上位モデル。iPhone 12は、その次の普及モデルという位置づけになる。

iPhone 12 ProとiPhone 12はまったく同じサイズなので、ケースなどは基本的に同じものが使える。ただし重さは異なる。iPhone 12は162グラムと軽く、負担なく持ち歩けるだろう。それに対してiPhone 12 Proは少し重く、187グラムだ。

なお、もっと大きなモデルを望む方には、iPhone 12 Pro Maxが、逆に小さな製品が欲しいならiPhone 12 miniがある。どちらも国内発売は11月13日の予定だ。

質感が大きく違う

上位モデルのiPhone 12 Proは素晴らしい外観で、とても高級感がある。背面はつや消しのガラスで、アップルマークだけがつやのある仕上げになっている。また、ボディーフレームは光沢のあるステンレススチールだ。

iPhone 12も同様に背面はガラスだが、こちらの仕上げはつやがあり、アップルマークはミラー仕上げだ。ポップなカラーも用意し、若々しいデザインが選べる。ボディーフレームはアルミだ。

背面はどちらもガラスだが、仕上げが大きく異なる。つやの違いがわかるだろう
iPhone 12 Proの背面はつや消しで、アップルマークだけがつやのある仕上げ
iPhone 12の背面はつやがあり、アップルマークはミラー仕上げだ

フレームの仕上げも大きく違い、左のiPhone 12 Proはメッキのように輝く

今回はディスプレーの強度もアップした。「Ceramic Shield(セラミックシールド)」と呼ぶ新たな素材を採用している。ガラスにセラミックを組み込むことで、強度を増しているという。つまり、より割れにくくなったのだ。

スマホは落として画面が割れるケースも多いが、少しでもそれを防ごうという工夫だ。なお、フレームとガラスの高さを同じにしているのも強度アップに寄与しており、耐落下性能は4倍向上しているという。それでも安心して使いたいなら、ケースに入れるのがお勧めだ。

注目記事
次のページ
CPU性能は前の世代より2割アップ
今こそ始める学び特集