powered by 大人のレストランガイド

原宿に「グルメの小道」 大人向け、食べ飲みハシゴも

「ジングウマエ コミチ」には個性的な18店が集結している。「Sincere BLUE」の名物は魚介のスープに浮かんだ甘くないたい焼き
「ジングウマエ コミチ」には個性的な18店が集結している。「Sincere BLUE」の名物は魚介のスープに浮かんだ甘くないたい焼き

今年2020年に開催されるはずだったオリンピックを踏まえ、都内の主要鉄道駅では再開発が今も行われている。よく話題になるのは渋谷駅の大開発だが、お隣の原宿駅でも駅舎をはじめリノベーションが進行中だ。そんな中、2020年9月11日に開業した原宿の新施設「JINGUMAE COMICHI(ジングウマエ コミチ)」はご存じだろうか。

中高年が「原宿」と聞けば思い浮かべるのは竹下通りや、ラフォーレ原宿だろう。タピオカブームの発祥地とも言われ、女子高生から20代まで、若い女子がスイーツや最新ファッションを求めてスマホ片手に闊歩(かっぽ)するイメージが強烈だ。どうも大人世代は縁遠く感じるが、このジングウマエ コミチは完全に“大人がターゲット”だ。

「ジングウマエ コミチ」は2020年9月、JR原宿駅からほど近くにオープンした

「原宿=東京のおしゃれなトレンド発信地、として注目されますが、少し上の世代が落ち着いて食事できる場所は意外と少ないのです。大人がゆっくりグルメを楽しんだり、ハシゴ飲みしたりできる小道(街)を作ろう、とできたのが当施設です」(ジングウマエ コミチの広報担当者)。

ジングウマエ コミチは原宿駅の東側、駅から徒歩3分の場所にある。竹下通りは目と鼻の先。ここで本当に大人がゆったり飲めるのか? なによりグルメの小道が出現しても、原宿まで足を運ぶのか? 40代後半、リアル中年女子の筆者が実際に回ってみよう。中高年世代が楽しめる店をセレクトして紹介したい。

客席が店外に大きく張り出した「横丁仕様」で開放的

まずは1階から。エントランスは一般的な商業施設と変わらない。訪問時はちょうど昼時。原宿では少ない、シニアカップルや筆者と同じか上の世代のビジネスウーマンが次々と中に入っていくのに驚いた。奥に進むと各店の客席が飲み屋街のようにオープンに作られ、それぞれで客がランチを楽しんでいるのが見えて、ワクワクしてしまった。

前出の広報担当者によれば、18店のテナントは(1)ミシュラン星付き店の分店(2)地方の繁盛店の東京初出店(3)人気店の新業態店‐‐という3つの条件で集めたという。確かに居酒屋やイタリアン、中華、和食などジャンルはおなじみながら、見たことがない店名ばかりだ。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド