powered by 大人のレストランガイド

今年際だった塩系ラーメン 首都圏おすすめの新店2店

「らぁ麺や嶋」の「鰹昆布水つけ麺(しお)」
「らぁ麺や嶋」の「鰹昆布水つけ麺(しお)」

すっかり秋めいてきた。現時点では少々時期尚早かもしれないが、本年1月からの新店の動向を振り返ると、今年は特にハイレベルな塩系ラーメンを提供する店舗の誕生が目立つような気がする。本来なら、もう少し面白いその年ならではの特徴があっても良いものだが、コロナで始まり、未だコロナ禍が収束へと向かう兆しがないこの状況下、語るべき特徴がひとつでも見付かっただけでも「良し」とすべきだろう。

そこで今回は最近、首都圏にオープンした塩系ラーメンがおいしい新店の中でも特にオススメの2店をご紹介しよう。「らぁ麺や嶋」(東京・西新宿)の「鰹昆布水つけ麺(しお)」と、「麺屋いとう」(千葉・八日市場)の「芳醇鶏そば塩」である。皆様も「新しい生活様式」をしっかりと守りつつ、ご興味があれば是非、足を運んでみていただきたい。

●らぁ麺や嶋【東京都:西新宿五丁目】

2020年組新店のMVP最有力候補。特に「鰹昆布水つけ麺(しお)は悶(もん)絶ものの味わい!

6月14日、都営地下鉄大江戸線・西新宿五丁目駅から約徒歩5分という好立地に新店が誕生した。その店舗の名は『らぁ麺や嶋』。店主の盛島博志氏は、神奈川の名店『支那そばや』と、東京・中野の実力店『かしわぎ』のご出身。

『支那そばや』は1986年に「ラーメンの鬼」と呼ばれた佐野実氏(故人)が創業し、現在、神奈川県を席巻している「神奈川淡麗系」と呼ばれるラーメン群の源流のひとつとなったことで知られる。

素材からしっかりと出汁(だし)を採ったスープ、用いる小麦粉の種類にまでこだわった自家製麺など現在、一世を風靡している店主の個性が色濃く表現された「創作ラーメン」の嚆矢(こうし)と位置付けられる歴史的名店だ。

店主のもう一方の修業先『かしわぎ』も、開業から3年余りと、歴史こそ、まだそれほど長くないが、洗練された風味と確固たる個性を兼ね備えた1杯を提供する実力店として知られる。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド