本を調理した!? 勘違いしやすいcookもう一つの意味デイビッド・セイン「間違えやすい英語・聞き手編」(71)cook

相手が話した英語を誤解して受け取ってしまった。そんな体験はどなたにもあると思います。日本人向けの英語教育で豊富な経験を持つデイビッド・セインさんは「日本人が聞き手として勘違いしやすい英語表現がある」と言います。今回は「煮る」「焼く」など調理にまつわる言葉であるcookを使った表現をご紹介したいと思います。

◇  ◇  ◇

ユウカが出社すると、オフィスはかなり不穏な空気な包まれています……。さっそくスティーブがユウカの元へやってきて、経理部のリズが辞めることになったことを教えてくれました。ベテラン社員が辞めることは確かに驚きなのですが、それでここまでオフィスがざわざわしないはず。その理由をめぐって、スティーブとの会話がすれ違っていきます。

それはこんな会話でした。

Steve: Did you hear about Liz from accounting?
Yuka: Hmm, what happened?
Steve: It sounds like she is going to quit.
Yuka: Woah, that's surprising. She's been in the accounting department for forever, right?
Steve: Yeah.
Yuka: Is she changing jobs?
Steve: According to George in accounting, she cooked the books for a long time.
Yuka: Cooked the books? What...for?
Steve: I'm not sure what her reason was, but it sounds like she got caught.
Yuka: Well at least she didn't set the building on fire.
Steve: Fire?
Yuka: Well, she burned a book right?
Steve: No, no. It means that she lied about numbers.
Yuka:Oh, no way....

日本語に置き換えてみると次のようになります。

スティーブ:経理部のリズの話、聞いた?
ユウカ:え? どうかしたの?
スティーブ:どうやら辞めることになったらしいんだ。
ユウカ:それはびっくりだわ。だって経理部のベテラン社員じゃない。
スティーブ:そうなんだよ。
ユウカ:転職でもするのかな?
スティーブ:経理部のジョージから聞いた話によると、長期にわたって帳簿をごまかしてたらしいんだ。
ユウカ:本を料理? なんのために?
スティーブ:理由は知らないけど、それがバレたみたいだよ。
ユウカ:でもよく火事にならなかったわね。
スティーブ:火事?
ユウカ:だって本を燃やしたんでしょ?
スティーブ:いや、帳簿をごまかしてたってことだよ。
ユウカ:え、まさか……!

上記の会話は、辞めることになった経理部のリズについてのユウカたちの会話です。辞める理由にかなり驚いたユウカですが、ちょっと意味を取り違えたようで、話は食い違ってしまいます。スティーブの使ったcookという表現をそのまま受け取ってしまったことが原因でした。

今こそ始める学び特集
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
注目記事
今こそ始める学び特集