40代から究める「ひとり力」 役職不要、外見は大事

日経ウーマン

コロナを機に「ひとり力」について考える女性が増えている(写真はイメージ=PIXTA)
コロナを機に「ひとり力」について考える女性が増えている(写真はイメージ=PIXTA)
日経ウーマン

国立社会保障・人口問題研究所によると、10年後には、女性の4人にひとりが生涯シングルとなる見込み。さらに新型コロナウイルスによって、職場や通勤習慣など、いつもの日常から離れた「ひとり時間」を多くの人が経験しました。この機会に、おとなの「ひとり力」について考えてみませんか。

40代以上シングル読者のリアルボイス

日経WOMAN「40代からのシングル人生」調査より。アンケートは2020年4月、40歳以上の独身女性を対象に日経WOMAN公式サイトで実施。有効回答234。回答者のうち26%が離婚経験あり。回答の合計は小数点以下の切り捨てにより100%にならない場合がある。

今後、結婚を「したい人」派と「したくない人」派が拮抗している。

「したい」派の声で多かったのが、「ひとりが寂しい」「誰かといたほうが楽しい」「老後の生活が不安」「一度は結婚をしてみたい」

「したくない」派の声で多かったのは、「ひとりが楽しい」「結婚は大変(夫の世話、家族との付き合い)」「結婚制度に疑問がある」

ひとりは楽しいか寂しいか。感じ方次第で結婚への考えが分かれる。数字が拮抗しているのは両方の感情が表裏一体だからかもしれない。

一方、シングル生活には7割が満足している。

シングル生活に満足している理由は、

○「自分の面倒は自分で見られて、自分の収入でほどほどに生活ができているから」(49歳・東京都・会社員)

○「自由に転職し、自由に住む国を選び、自由にお金を使える。誰かに相談しなくても自分の人生を決められる」(50歳・契約社員)

○「今の生活で十分満足だが1度くらい結婚してみてもよい。ただし、できれば同じマンションでの別居を希望。なぜなら、ひとりの時間がなくなるから」53歳・千葉県・会社員)

シングル生活の満足度は総じて高い。離婚経験者からは「夫に尽くしすぎて疲れた」という声も。少数の「不満」派は、「1度は結婚もしてみたい」など、いわば未知の体験への興味が目立った。

今後の人生で不安なこととしては、健康、お金、親の介護を半数以上が選んだ一方、「貧困」は37.6%、「孤独死」は35.3%にとどまった。仕事も友人もいればこその結果。

「ひとり力」を高めるには、「お金」「外見」「人」が必要と答える人が多かった。

一方、「不要」と答えた人が多かったのは「子ども」「役職や地位」「投資経験」。

「チャンスが広がる人脈」は欲しいが、「役職や地位」はいらない。やりがいのある仕事でマイペースに働き続けたいと考えるシングル多し!

読者が考える「ひとり力」が高まる マイルールとは

○「ひとりで気後れしないでどこにでも行けるように、世の中のことを知っておく。ある程度の見た目の良さを保つこと」(42歳・滋賀県・会社員)

○「毎週末、必ず10キロメートル走る。平日はピラティスをやる。お化粧は全くしないが、健康なためいつも若く見られます。45歳までに2億円の貯金をする目標も達成!これからは、給料が少なくても好きな仕事をします」(50歳・会社員)

○「人生は短く、無駄に過ごすことはもったいないです!アルコール、たばこ、ギャンブルはやりません。加えて、面倒な人間関係に巻き込まれたら『逃げ足は速く』を心がけています」(42歳・石川県・契約社員)

○自分らしく、好きなことだけして生きる。1度の人生だから無駄な結婚ももうしたくない。幸いひとりで生きていけるスキルとバイタリティーもあるので。(49歳・派遣社員)

○「今、何がやりたいか、それができる環境や状態か?少し先の自分のために人生の戦略を練ります。間違えても合わなかっただけ、軌道修正したらいい」(47歳・愛知県・会社員)

○「友達は信用できる人だけ。むやみやたらに増やさない。仕事とプライベートの人間関係をできるだけ分けるが、人には公平に接する。自分でできることを増やすが、苦手なことやできないことは、素直に人に頼る」(49歳・東京都・契約社員)

○「『推し』は必要。 推しがいれば毎日が充実して、たいていのことは乗り越えられるし、関係の濃い友達も増える」(47歳・千葉県・会社員)

○「仕事以外でもいい人間関係をつくること。家族・親戚、学生時代や地元の友人、地域活動やNPO活動など。40代以降になると、既婚&子持ちの友人たちも子育てから手が離れて、また話が合うようになります」(55歳・大阪府・会社員)

○「部屋をこまめに掃除する。清潔だと落ち着きます」(50歳・神奈川県・会社員)

注目記事
次のページ
40代・50代のひとり力のヒミツ「みんなちがって、みん