広がるオンライン入試 不正防止にAI活用システムも

来年は無事に入試を実施できるか(19年1月の大学入試センター試験、東京都文京区の東京大学)
来年は無事に入試を実施できるか(19年1月の大学入試センター試験、東京都文京区の東京大学)

新型コロナウイルスは大学入試に影響を及ぼしています。来春入学の入試は大学入試センター試験の後継となる大学入学共通テストが始まる「改革元年」です。試験内容の変更に加え、「第2日程」を設けるといった対応を迫られています。また、一部の大学はオンラインでの入試も導入しますが、不正行為の防止が課題となっています。

文部科学省は昨年、英語の民間検定試験や記述式問題の共通テストへの導入を見送り、受験生を混乱させる場面がありました。共通テストでは思考力や判断力、表現力を問い、日常生活の場面設定を重視した問題を作成する方針を示しています。

大学側はコロナの感染拡大を懸念しています。共通テストで複数の日程を設けるのは、長期休校による学習の遅れ、受験日にコロナに感染した受験生への配慮からです。各大学の個別試験でも多くの大学が追試験を予定しています。ただ、この時期に感染の波が来れば入試自体を実施できなくなる、と心配する声も聞かれます。

コロナ禍に対応し、オンライン入試を計画する大学も出てきました。大正大学は11月の「学校推薦型選抜入試」をオンラインでも実施します。受験生は会場での試験のほか、オンライン試験も選べます。

同大学は、教育サービス事業を展開する「EduLab(エデュラボ)」(東京・渋谷)が提供する、人工知能(AI)によるオンライン試験監督システムを活用します。受験生の試験中の様子やパソコン画面の動画を録画し、AIでチェックします。不審な動きを検知したら、同社の担当者が確認する仕組みで、現時点で大学など約10団体が同社のシステムを導入する予定です。

同社はスマートフォンやタブレット端末を使って監視する技術を開発するほか、オンライン試験のデータを蓄積しながらAIの監視機能の精度を向上させる計画です。松本健成執行役員は「都市と地方に住む人の公平性の観点から、オンライン試験の導入は以前から議論になっていた。2022年の入試に向けてオンライン対応を検討中の大学も多く、オンライン入試が活発になる」と予想します。

注目記事
次のページ
依田高典・京都大学教授「大学入試のあり方自体を考え
今こそ始める学び特集