お好み焼き、唐揚げ…手軽に外食の味 ヒット食品予想2020年下期食品ブレイク予測(1)

日経トレンディ

さっと作れて、外食に負けないおいしさを提供するメニュー用調味料が増えている
さっと作れて、外食に負けないおいしさを提供するメニュー用調味料が増えている
日経トレンディ

2020年の食品業界は、かつて経験したことが無い未曽有の事態に直面した。原因は新型コロナウイルスの感染拡大だ。外出自粛や飲食店の休業要請、全国対象の緊急事態宣言などを経て、消費者の生活様式が一変。外食を控え、代わりに中食(弁当、総菜、冷凍食品など)、内食(素材を購入して家で調理したもの)を大幅に増やす動きが急速に広がった。

新型コロナウイルスと向き合うことになる「巣ごもり生活」は当面続きそうだ。ニューノーマル時代の幕開けとなる20年下半期に向けてどんな食品がヒットするのか。

日経トレンディ編集部が予測する1つ目の新潮流は、外食の味を家庭でも味わいたいという切実な願いをかなえる食品だ。

外食気分を食卓で味わいたいときは市販の「メニュー用調味料」が便利だ。素材にかけて調理するだけで料理ができる簡便さが受け、20年4~7月は前年比106%と好調だった。

電子レンジで本格チャーシューが簡単に

そうした流れを受けて、味の素が満を持して投入するのが「スチーミー 豚チャーシュー用」だ。外食では人気選手のチャーシューだが、どんな調味料を使えばいいか分からず長時間煮込む手間もかかることから家庭での出現頻度は低い。この問題を解決するもので、電子レンジを使って簡単かつレストラン級のおいしさで作れるようにした。

「スチーミー 豚チャーシュー用」(味の素、実勢価格278円)以下、実勢価格はすべて税込み

魅力の一つが、調味料があらかじめ入ったジッパー付きの専用パウチを独自開発し、豚の塊肉を入れるだけで完成する手軽さにある。ジッパーを閉めて電子レンジで加熱するとパウチが膨らみ、中は圧力鍋のような高温高圧状態になる仕組み。パウチの一部に蒸気吹き出し口が設けてあり、適度に蒸気を排出することでパウチの破裂を防いでいる。パウチが破れないギリギリの高い圧力を保ちながら、チャーシューを短時間で調理する工夫がある。

約250グラムの豚の塊肉を2等分し、2つとも袋に入れてもみ込む。あとは電子レンジで8分加熱し、5分蒸らせば出来上がり。好みの厚さに切れば食卓を豪華に彩れる

しょうゆ、砂糖、ショウガ、ニンニクに加えて、肉を素早く軟らかくする成分や同社が発見したコクを出す成分「グルタミルバリルグリシン」を含む調味料もポイントだ。同社の他の製品にも使われているもので、短時間の加熱でも鍋でぐつぐつ煮込んだのと同じ深い味わいを出せる。「開発に2年かかり、3000回以上テストしてようやく完成した」(味の素)という。

カップ1つで簡単お好み焼き

お好み焼き店の味を家庭で手軽に再現できる「日清 カップでつくる お好み焼セット」(日清フーズ)も注目株だ。キャベツと豚肉以外の材料がパックになっており、カップで混ぜてフライパンで焼くだけでOK。お好み焼きは、粉が床に散らばったりボウルを洗ったり何かと汚れがち。カップ1つで済む本製品なら、料理に不慣れな父親でも家族に振る舞うことは難しくない。

「日清 カップでつくる お好み焼セット」( 日清フーズ、実勢価格324円)
カップにお好み焼き粉、キャベツのみじん切り、水を加え、スプーンで空気を含むように混ぜる。初心者の記者でも失敗せずにできた
キャベツたっぷりで中がふっくら。ダシが効いており美味

その他にも、人気飲食店の味などを徹底的に研究した「唐揚げ」「水ギョーザ」「キーマカレー」などの新商品も相次ぎ登場。使えば食卓が華やぎそうだ。

ザ★シリーズに唐揚げ登場、かつてない食べ応え

ザ★から揚げ(味の素冷凍食品、実勢価格462円)
左がザ★から揚げで53グラム、右が一般的な冷凍食品の唐揚げで22グラム。この比較では大きさが2倍以上だった

一般的な冷凍唐揚げに比べ1.5~2倍ほどの大サイズ。軟らかさより肉本来の弾力感を出し、味付けもニンニクをしっかり利かせ、大人の味に。食卓のおかずのメインを張れる設計にした。

注目記事
次のページ
ワンランク上の皮と肉汁、鍋にもラーメンにも合う
今こそ始める学び特集