「100均イヤホン」あなどるな 機能十分、売れ筋3選

「100円ショップで売っている商品がとても使いやすくなっている」――そんな話を耳にして、大創産業(広島県東広島市)が運営する100円ショップ「ダイソー(DAISO)」の都内大型店を訪ねてみた。まず驚いたのが、イヤホンが並ぶ棚の充実ぶりだ。昔ながらのモノラルイヤホンもあれば、カラフルな大きめのヘッドホンも並ぶ。価格は100~500円まで(税別、以下同)、100円ショップにいることを忘れてしまうような、機能やデザインにこだわった製品が、かれこれ10種類近くラインアップされている。

ダイソー、コードありイヤホンの売れ筋商品トップ3

そこで今回はその中から、コードのあるケーブルイヤホンについて、ダイソーから売れ筋商品を教えてもらった。売れるイヤホンの条件は大きく「音質、コストパフォーマンス、商品の見た目」(DAISO 商品本部 商品5部)の3つだという。有線の売れ筋トップ3のうち、第3位は「高音質ステレオイヤホン(マイク付、HQ-004)」(300円)だ。

「通話機能付きでリモートワークにも最適。100円では出せない音質を追求した。アルミを使用し、高級感のある商品に仕上げている」(同)と胸を張る、先の3つの条件を満たした「高音質」タイプ。3.5ミリメートルステレオミニプラグを手持ちのアダプターでiPhoneにつなぎ、音楽アプリで聴いてみた。流行のワイヤレスタイプと違い、iPhoneと直接コードでつながっているだけに安定の音質だと感じた。

ここまで大きな欠点が見当たらないので、試しに私物の1万円前後のイヤホンと、楽曲を聴き比べてみた。イヤホンのいわゆる「解像度」で考えると、総合評価はさすがに300円イヤホンの負けだと感じた。ジャズのライブ音源などは、演奏者の誰かが席を立ったかと疑いたくなるくらい、情報量が少なく感じた。一方、個人的な趣味もあるだろうが、1970年代前後のサイケなロックなどは、イヤホンの雑味がかえってマッチするのか、相性のいい楽曲も多かった。

「高音質ステレオイヤホン(マイク付、HQ-004)」(300円)。高音質をうたう。スマホの通話などにも使用可能
「高音質ステレオイヤホン(マイク付、HQ-004)」パッケージ外観
MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
第2位はジッパータイプ
MONO TRENDY連載記事一覧