タイ発ボーイズラブドラマが人気 偽装彼氏から恋愛へ

日経エンタテインメント!

日経エンタテインメント!

日本でSNSを中心に大きな話題を呼んでいるタイのBL(ボーイズラブ)ドラマ『2gether(トゥギャザー)』の配信が、7月31日、Rakuten TVで始まった。『2gether』は、2月から5月までタイの放送局「GMMTV」が放送した作品で、YouTube全話総再生回数は2億3000万超。日本では、あるツイッターの投稿をきっかけに、4月頃からコアなタイBLファン以外にまで人気が広がっていった。

『2gether』 クールな偽装彼氏・サラワット役のブライト(写真下)と、女好きを自称する甘え上手のタイン役のウィン(上)。2人はこの作品で人気スターの座に。Instagramのフォロワー数はブライトが562万人以上、ウィンが409万人以上 (C)GMMTV

同作は、GMMTVの公式YouTubeチャンネルやLINE TVで無料配信され、その動画にファン有志が無償で字幕を付け、日本語でも見られた。字幕表示の言語の数は約30にも及び、世界各国にファンが広がっていることをうかがわせた。日本では折しも新型コロナウイルスの緊急事態宣言下。無料で見られる新しいコンテンツに人々は鋭く反応し、以後、新たなエピソードが配信されるたびにツイッターのトレンド入りするほどの盛り上がりを見せていった。

「そもそも近年、BL作品は注目を集めているジャンルでした」と話すのは、『2gether』の日本配給権を獲得したコンテンツセブン。同社では、韓国・中国・台湾を中心にアジアの映像作品を扱い、その中にはBL作品も含まれている。日本でアジアBL作品の手応えを感じたのは、2018年のドラマ『おっさんずラブ』以降だという。「それ以前はBL好きを公言しにくい雰囲気もありましたが、『おっさんずラブ』で、BLが“1つのラブストーリーとしてみんなで一緒に楽しめるコンテンツ”に変わったように感じます」(コンテンツセブン、以下同)。

ほぼ時を同じくして、タイでは16年放送の『SOTUS/ソータス』の大ヒットを皮切りに、BLドラマが次々に作られ、国を越えて話題になっていた。その中でも、『2gether』はすでに放送前から、タイをはじめ世界中のBLファンの期待を集めていた作品だったという。「放送前のティザーを見て、すぐ本格的な配給権獲得に乗り出しました」

『おっさんずラブ』と多くの共通点

『SOTUS/ソータス』 (C)GMMTV

コンテンツセブンは作品の魅力について、「最初に目を引いたのは主人公たちのスター性のあるビジュアル。日本でも絶対に人気が出ると確信しました。さらに脚本も良く作られていて、伏線が張り巡らせてある。リピートしたくなる面白さがあります」と話す。

ドラマでは同級生の男子学生のアプローチをかわすべく、イケメン同級生に「偽装彼氏」役を依頼したことをきっかけに、2人が本当の恋愛関係へ発展する。自然に同性を好きになり、周囲もそれを当たり前のように受け入れる世界観や、テンポ良く、時にコミカルに展開するストーリーなど、『おっさんずラブ』と共通する点も多い。BLビギナーにとってハードルが高くなかったことも人気拡大に拍車をかけたと考えられる。ファンの世代は、10代から中高年に至るまで幅広い。

前述の『SOTUS』をはじめ、『2gether』をきっかけに旧作にも改めて注目が集まっている。アジアBL作品のラインアップに力を入れるRakuten TVによると、その視聴者数は順調に伸びているという。同サービスでは、『2gether』に続き、19年にタイで放送し、SNSでも話題の『TharnType/ターン×タイプ』の独占先行配信も8月28日から始まった。タイBLの熱はしばらく続きそうだ。

(ライター 横田直子)

[日経エンタテインメント! 2020年9月号の記事を再構成]

注目記事
今こそ始める学び特集