小笠原伯爵邸 歴史をさんぽ、料理と味わう名建築

日経ARIA

小笠原伯爵邸の外観
小笠原伯爵邸の外観
日経ARIA

特別な日に訪れたいレストラン、忙しい時間を忘れてゆったり過ごせる雰囲気のいいカフェ……。愛されるお店には、料理はもちろん、空間にも訪れる人を引き付ける魅力があります。「建築を知ることは、人生を豊かにする」と語る建築史家の倉方俊輔さんが、食欲と知的好奇心を刺激する、バラエティー豊かな建築の味わい方を紹介します。

最後の小倉藩主の長男、小笠原長幹伯爵の本邸

建築には物語があります。誰がつくったのか、笑みがこぼれる秘訣は何で、今の私たちの目の前に届くまでにどんな経過をたどってきたのか。口にすれば、おいしいと分かる一皿のように、心動かされる建築も、少し言葉を添えることで、味わいが深まるものかもしれません。料理と一緒に空間を旅し、歴史のさんぽを始めましょう。

「小笠原伯爵邸」はモダン・スパニッシュの名店です。本場スペインで修業を重ね、日本の食材にも造詣が深い料理長、ゴンサロ・アルバレス氏の技術と着想が、季節感豊かな逸品を生み出します。

一皿を囲む楽しみは、もっと広い空間にも及んでいます。都営地下鉄・若松河田駅が、小笠原伯爵邸の最寄り駅です。地上に上がれば、樹齢を重ねた大木の緑に映える、クリーム色の外壁に気づくでしょう。遠くに望む玄関部から、物語はすでに始まっています。先を急がず、一つひとつの空間を順に受け止めていきたいと思います。

店名は、この建物が最後の小倉藩主の長男、小笠原長幹(ながよし)伯爵の本邸だったことに由来します。江戸時代に小倉藩下屋敷だった敷地に1927年(昭和2年)に建てられました。イギリスのケンブリッジ大学に留学し、その後、貴族院の有力議員としても活躍した長幹の立場にふさわしい、西洋風の立派なつくりです。

完成した時、長幹は42歳、これを設計した建築家は74歳を迎えていました。開国以後、日本はヨーロッパの流儀に根差した建物を設計し、現場を指導して完成まで持っていける人間を必要としていました。彼らと対等の扱いをしてもらうためです。

政府はイギリス人のジョサイア・コンドルを工部大学校(現在の東京大学)の教師として雇い入れ、彼に本格的な西洋建築のつくり方を学ぶことにしました。最初に教えを受けた一人が、東京駅などを設計した辰野金吾です。辰野と同じ学年に片山東熊(とうくま)がいて、迎賓館赤坂離宮を手掛けます。彼らと同期の曾禰達蔵が、小笠原伯爵邸を完成させました。

当時の日本のニーズに合致したスパニッシュ・スタイル

建築家は、料理長に少し似ています。大きな方針を決め、人を育て、任せるべき部分を委ねて、評価を自分が背負います。曾禰は国内で本格的な建築教育を受けた最初の人物の一人です。明治末には後輩の中條精一郎とともに、曾禰中條建築事務所を開設します。小笠原伯爵邸を設計するにあたり、多くの経験を重ねてきた建築家はスパニッシュ・スタイルを選択しました。当時、最もモダンなスタイルの一つです。

庭に面した外壁に施された、特徴的なタイル装飾

なぜ、モダンと言えるのでしょうか? それは「スペイン様式」であるとはいえ、伝統的な形式にとらわれたものではないからです。このスタイルは1890年代から1920年代にかけて、アメリカ西海岸のカリフォルニア州を中心に流行し、「スパニッシュ・ミッション・スタイル」や「ミッション・リヴァイヴァル・スタイル」とも呼ばれます。ミッション(宣教)という言葉が入っていることから想像できるように、当地にかつて入植したスペイン人宣教師たちが残した建物の形を基にしています。

当時のカリフォルニア州は人口が増え、ハリウッドの映画産業などの新たな文化が生まれつつありました。そこにスペイン風の建築が、それまでお手本とされていたイギリス風、フランス風、イタリア風とは異なる、新鮮なスタイルとして登場します。特徴として挙げられるのは、屋根に鮮やかな色彩のスペイン瓦を用いたり、壁を粗いスタッコ(石灰に大理石粉や粘土を混ぜて練ったもの)で仕上げることで装飾に頼らない味わいを出したり、壁で建物の内外をきっぱり分ける代わりに中庭や半屋外の空間を活用したりといった点です。

こうした特徴がアメリカ西海岸のカラッと晴れた気候に似合い、東海岸とはまた違う文化圏であるという自負にも寄り添いました。素材そのものの性質を生かしていて、装飾にも空間にも工夫の余地が大きいことも、施主や建築家の創作意欲をかき立てた理由でしょう。人間の心身を中心に据えた自由度は、自分たちに合った洋風住宅を求めていた、当時の日本の事情にも適合していました。スパニッシュ・スタイルは、住宅を中心に1920~30年代の日本にも広まります。

注目記事
次のページ
入り口の扉上の装飾に潜む小鳥たち