秋の装いは脇役重視 バッグ・ブーツ・ベルトで自在に宮田理江のおしゃれレッスン

秋の装いは「バッグ・ブーツ・ベルト」の3つを上手に使う
秋の装いは「バッグ・ブーツ・ベルト」の3つを上手に使う

クラシックな雰囲気と、凜(りん)としたイメージが軸になる今秋冬の装いを盛り上げるのが、レザー(合皮含む)アイテムです。「バッグ・ブーツ・ベルト」の3つを上手に使えば、着こなしにめりはりが加わります。重ね着や防寒などで装いにボリュームが出がちな秋冬は、小物を使ってコントラストを演出すると、見た目もすっきり。フランスの老舗レザーグッズブランド「LONGCHAMP(ロンシャン)」の2020-21年秋冬コレクションをお手本に、レザーを主役に迎えたコーディネートをつかんでいきましょう。

【バッグ編(1)】服の色の一つと合わせて、自然な調和に

カラフルなブーツを差し込んで、アクセントを加える新アイデア

装いにバッグをなじませるには、服の色の一つを、バッグに生かすのが得策です。バッグはボディーから離れた位置にあるから、装いに動きを加え、表情豊かな着こなしに導いてくれます。

まず、ニットトップスの胸にあしらわれたブルー系を全体のキーカラーに選んで。次に、ブルーのバッグを迎えて、同系色が響き合うコンビネーションを組み立てました。残りのパーツは白と黒でまとめ、キーカラーを引き立てています。ニットのところどころに入ったイエローを生かして、さらにビビッドなイエローブーツで足元を弾ませました。

【バッグ編(2)】靴と質感・色を合わせ、装いをけん引

ベルトもバッグと合わせて、リッチ感を上乗せ

服の脇と下に陣取るバッグと靴を、同じ色や素材でそろえると、統一感が高まります。バッグも靴もアウターで隠れてしまわないので、秋冬ルックでは存在感が高まるムードメーカーです。バッグストラップは縦長効果も発揮してくれるから、着ぶくれが心配なシーズンにこそ活用しがいがあります。

レザーバッグとブーツを同じ色で合わせて、服の外側からつやめきを添えました。ニットウエアで合わせることによって、異素材ミックスが完成。レザーならではの光沢が赤主体のスタイリングに、あでやかさをプラス。ニットやコートなどでかさばりがちな秋冬に使える名脇役です。

注目記事
次のページ
【ブーツ編(1)】素材の風合いずらしコントラストく
今こそ始める学び特集