消しゴムで油性ペン消すタグ 医療現場のニーズが発展

日経クロストレンド

2020年12月発売予定の「wemo #tag」(価格未定)
2020年12月発売予定の「wemo #tag」(価格未定)
日経クロストレンド

腕に巻き付けられる特殊加工のバンドに書き込むウエアラブルメモなど、「メモを取る」という作業を進化させる商品を続々と開発する「wemo」シリーズが好評のコスモテック(東京都立川市)とkenma(東京・新宿)が、ラインアップを拡充した。シリーズ全体としてヒット商品に成長しそうな兆しを見せている。

情報を保管したい期間に合わせて

コスモテックとkenmaが新たに発表したのは、日々の生産性を高める2シリーズ。油性ペンで書いて消せる「wemo #tag」は整理収納など長期保管用メモに、ファイルなどに直接書き込める「wemo Stock & Flow」は一時的な情報管理に便利だ。

2020年12月に発売予定の「wemo #tag」は、リアルなモノに名札が付けられるツールだ。収納の中身や物の所有者の表示などを簡単にすることで、確認作業の手間を省く。ポリカーボネート製のプレートに特殊コーティングを施し、油性ペンで書いても消しゴムでこすれば消すことができる。多少の摩擦では消えないため、長期的に残したいメモに最適だ。

用途別に形状をそろえ、粘着タイプは収納ボックスの正面に貼るフロントタイプと、コーナーに貼るコーナータイプの2種類。中身の情報を記載しておけば、何が入っているのかすぐ分かるので、収納スペースの一覧性が高まる。ひもを通せるタイプはシェアオフィスの共用冷蔵庫で飲み物の持ち主を判別したり、ホテルのクロークで番号札替わりにタグに名前を書けば利便性を高めたりできる。耐久性が高いので、保育施設での利用も見込めるだろう。耐水のため屋外でも利用でき、活用の幅が広がる。カラーをオレンジと白で統一し、シンプルなデザインにした。「デジタルでは『タグ付け』という概念が定着している。リアルなモノにもタグ付けできたらという思いで開発した」(kenmaの今井裕平社長)

リアルなモノに名札が付けられる
油性ペンで書いても消しゴムでこすれば消すことができる
kenmaの今井裕平社長

21年3月に発売予定の「wemo Stock & Flow」は、wemoと同じPP合成紙でできたファイルやバインダーなどに、パイロット製のフリクションペンで直接メモを書き込める。メモは指や消しゴムでこすったり、水で洗ったりすれば簡単に消せるため繰り返し使える。会議中のアウトプットなど情報を一時的に残しておきたいときに便利だ。A4ファイル、バインダー、ボードなどのほかにシールタイプもあり、手帳に貼っておけばページの無駄遣いを防げる。

21年3月発売予定の「wemo Stock & Flow」(価格未定)
フリクションペンを使ってファイルやボードに直接メモが書き込め、消すときも水洗いでき簡単だ
MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
現場を救いたい思いから
MONO TRENDY連載記事一覧