1万円超える高級マウス 「納得できる」機能って何?戸田覚の最新デジタル機器レビュー

今回登場したMX Anywhere 3
今回登場したMX Anywhere 3

今回はスイスのパソコン周辺機器メーカー、ロジテック・インターナショナルの日本法人ロジクール(東京・港)が発表した高級マウス「MX Anywhere 3」を紹介する。発売は20年10月29日、税込み価格はなんと1万円超えの1万780円(公式オンラインストアでの販売価格、以下同)だ。

マウスなら500円でも買える――と思う方もいらっしゃるだろう。だが、マウスとキーボードは毎日何十回、何百回と触れて操作をする。仕事の核になるデバイスだけに、安物を使い続けるのはちょっと悲しい。テレワークによって自宅でパソコンに向かう時間が増えている人も多いので、マウスやキーボードには、ぜひともこだわりたい。高級なマウスを手にすると、質感の良さからテンションが上がる。また、機能が優れているので作業効率もアップする。

MX Anywhere 3の魅力を詳しく紹介していこう。

高級感のあるボディー

MX Anywhere 3を手にすると、さすがに高級モデルらしい質感にうれしくなるだろう。本体は樹脂製だ。実は過去のロジクール製高級マウスは、手触りがしっとりとしたラバーなどが素材に使われていた。ところが、汚れが落ちにくいなどのデメリットがあり、代を重ねた結果、質感のよい樹脂に改められているのだ。

MX Anywhere 3は多機能なマウスだ
本体は樹脂製で質感がとてもよい

目立つホイールはスチール製なので、ちょっと冷たい金属の手触りが素晴らしい。使っていて心地よく感じる重さがあるのもうれしいところだ。

ホイールはスチール製で金属の手触りが心地よい

実は、MX Anywhere 3は同社の最高級モデルというわけではない。最上位モデルは「MX Master 3」で、1万4850円という価格だ。

MX Anywhere 3は、最上位モデルに近い機能を持ったモバイル向けの製品という位置づけになる。とはいえ、手の小さな人が多い日本人には、MX Master 3ではオーバーサイズに感じることもある。MX Anywhere 3も特に小さいわけではなく、一般的なマウスに近い大きさなので、机上に常に置いて使うのにもおすすめだ。

手前のMX Master 3と比べるとコンパクトなことがわかる
MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
ガラスでも使えるセンサー
MONO TRENDY連載記事一覧