宇宙やりたいって、宇宙の何を? 針路は星の進化へ理化学研究所 主任研究員 坂井南美(5)

ナショナルジオグラフィック日本版

坂井南美さん(写真右)は天文学の枠に収まらない分子分光学的な実験も手がけている(左は川端裕人さん)
文筆家・川端裕人氏がナショナル ジオグラフィック日本版サイトで連載中の人気コラム「『研究室』に行ってみた。」。今回転載するのは理化学研究所の坂井南美さんに星や惑星のはじまりについて聞くシリーズです。壁と思ってぶつかったら幸運だった、そんな楽しいエピソードから、日本に理系の女性研究者が少ない要因の分析まで、地上の話題も豊富。U22世代への熱い思いも放射されます。

◇  ◇  ◇

坂井南美さんは、生まれたばかりの赤ちゃん星、原始星の化学組成、特に有機分子を観測する中で、数々のブレイクスルーを成し遂げてきた。

冒頭で、「本音は、(宇宙の)はじまりから全部理解したい」けれど、「私たちの世界の物質的な起源、生き物が誕生するような環境がどうしてできたんだろう」「原子から分子ができて、複雑な分子ができて、いつか生命になったという化学組成の上での起源が知りたい」というモチベーションで、原始星の化学組成をさぐる電波天文学の世界へと足を踏み入れた。

では、そのような関心はどんなふうに培われて、深められてきたのか、最後になったけれど、研究に至る個人史をうかがっておきたい。

「私、いわゆる天文少女ではなかったんです。だから、『星座の何座はどこにある?』って聞かれても、そりゃあオリオン座ぐらいは知ってますけど、分からない方が多いです」

まずはそんなふうに笑いながら言った。

天文学者や宇宙物理学者は、古き良きプラネタリウムで解説されていたような星座の知識は、不必要というわけではないけれど、不可欠というわけでもない。よく知っている研究者もいれば、それほど関心がない研究者もいる。

「ただ、星空を見るのは好きで、というよりも、とにかく外で遊ぶことが好きだったんですね。小学校がわりと自然豊かなところで、クヌギの木とか、いっぱい木がある環境でした。そこで、木登りして風を感じてみたり、空を見ながら居眠りしたり。あと、虫も好きで、セミ捕りどころか、カブトムシを筆箱の中で飼ってたり、ダンゴムシを入れてたりして、先生に怒られてました(笑)。そんな中で、なんでこんなすごい自然の世界が、でき上がってるんだろうという興味が生まれたんですよね」

東京都内ではあるそうだが、かなりワイルドな小学生時代だ。そういった経験を通じて、この世界が、理屈抜きで「素晴らしい」ものだという確信を培うことができたのではないかと推察する。

と同時に、すでに天文学への興味の萌芽はあったそうだ。

「うちは父が技術者で、わりと宇宙が好きですし、科学誌とかもいっぱいあるような家庭でした。小学生の時に望遠鏡を買ってもらって、月のクレーターを見て、わあ、すごいな、天文っていいなって思ったことは覚えています。それくらいのぼやっとした憧れは持ってましたね」

もちろんこれは、今にして思えば、という話でもあって、実際のところ、坂井さんの中学高校時代は、なりたいものが色々出てくるような本人曰く「迷走していた」時代だという。その中には弁護士のように、天文学者とはある意味で対極にあるような職業も含まれていた。

そんな中で、坂井さんは、受験勉強を通じて自分の「適性」や関心の方向性を見出すことになる。

「私、暗記しなければならないことが多い科目が苦手なんです。一方で、物理や数学は好きだし、得意でした。高校生の時に行っていた塾がおもしろいところで、研究にも通じるような物理学の本質的なことを教えてくれるんです。その影響も多少あって、大学は物理学科に行ったんですけど、その時に頭の中に、天文学者になる道も残されているようなところがいいという考えもあって、早稲田大学の物理学科に入りました」

今こそ始める学び特集
学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録
注目記事
今こそ始める学び特集
学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録