「3密」避けゴルフ人口が急回復 女性も楽しみやすく

若い世代でゴルフを始める人が増えている
若い世代でゴルフを始める人が増えている

新型コロナウイルスの感染が拡大するなか、ゴルフをする人が若い世代を中心に増加に転じています。「3密」を避けられる身近なレジャーとして注目され、新たに始める人も多いようです。女性を意識したゴルフ場が登場するなど、ゴルファー人口のすそ野拡大に業界も力を入れています。秋はスポーツの季節。新たにゴルフにチャレンジし、芝生や木々に囲まれたコースを歩くのはいかがですか。

若い世代が急増、「3密」避けるレジャーとして注目

この夏、全国のゴルフ練習場やコースで異変が起きました。コロナ禍で春先から大きく落ち込んでいた利用者数が、前の年より増加に転じたのです。経済産業省の統計によると、7月のゴルフ練習場の利用者数は前年同月比9.1%の増加。ゴルフ場は同9.2%減ですが、緊急事態宣言で4割近く落ち込んでいた4~5月からは急回復。全国で約160カ所のゴルフ場と練習場を運営するアコーディア・ゴルフによると、同社の8月の総利用者数は2ケタの伸びを記録しました。「特に20代や30代といった若い世代の伸びが大きい」(同社)といいます。ゴルフ専門ポータルサイト「GDO」を展開するゴルフダイジェスト・オンラインが実施した調査でも同様の結果が出ており、若年層の増加については「レストランでの昼食を省略した『スループレー』や『1人予約』、2人1組でプレーする『2サム』など新しいプレー様式を取り入れるゴルフ場が少しずつ増えている」ことなどが背景と分析しています。

緊急事態宣言が解除された後も県境をまたぐ移動や旅行が手控えられ、身近で3密を避けられるレジャーとしてゴルフを選択する人が増えているとみられます。近くの練習場に足を運んでクラブを振ることで、外出自粛による運動不足の解消やコロナ禍のストレス発散にもつながります。日経ウーマノミクス・プロジェクト(ウマノミ)の企画で6月末にゴルフを始めた会社員の田中美穂さんは1カ月半ほどで「健康面でも体力がつき、体が引き締まった」と話しています。

コロナ禍で注目を集めるゴルフ。「私もしてみたいけど、何から始めればいいか分からない」という人も多いでしょう。そこでウマノミが実施した企画「わたし、ゴルフはじめます!」をもとに、全くの初心者がコースデビューまでに押さえるべきポイントを紹介します。アドバイスしてくれたのはアコーディア・ガーデン東京ベイ(東京・大田)所属の宮下洋平プロとショップ担当の松井奈津子さんです。

ゴルフを始め「体が引き締まった」という

道具はレンタルでOK、最低限用意するものは

ゴルフクラブのセットやシューズなど必要な道具を最初に買いそろえるのは金銭面でもハードルが高い――そんな場合はレンタル品を上手に活用しましょう。ゴルフ場や練習場の多くはレンタル品を用意しています。最新モデルをそろえているところも少なくないので、事前に借りられるものを確認しましょう。自ら最低限用意したいのはゴルフ用の手袋。コースを回る際は、自分のゴルフボールとボールを載せるティーも必要です。ボールとティーはプレー中になくすことも多いので、多めに用意しておきましょう。

ゴルフショップにはカラフルでおしゃれなウエアがあふれる

ゴルフショップの店頭にはカラフルでおしゃれなウエアがあふれています。日常で着るのはムリと思う派手なデザインでも、コースに出ると意外にマッチして気分が上がることも。「非日常のおしゃれ」を楽しむのもゴルフの魅力の一つです。女子プロゴルファーのファッションを参考にするのもいいですね。ドレスコードはゴルフ場にもよりますが、トップスは襟付きのウエアが無難です。

プロに習うのが早道

ゴルフを楽しむにはやはり基本が大切です。クラブのグリップ(握り方)やアドレス(クラブの構え方)などのイロハは、やはりその道のプロに習うのが一番の近道。我流でプレーするよりも上達スピードが全く違います。ゴルフ練習場などでレッスンプロに学ぶのはおすすめです。ウマノミの企画に参加したゴルフ未経験の女性2人も宮下プロに学び、最初のレッスンから2カ月足らずでコースを利用したラウンドレッスンを経験しました。このうち会社員の宮澤千絵美さんは、9月に本格的にコースデビュー。夫と2人で18ホールをラウンドして楽しんだそうです。

レッスン開始から2カ月足らずでコースを利用したラウンドレッスンへ

ゴルフはお金がかかるスポーツというイメージがあるかもしれません。でも、緑豊かで開放感あふれるゴルフ場で仲間と一緒にランチタイムをはさんで4~5時間、たっぷりプレーを楽しめることを思えば、ものは考えようです。コースを回りながら、同伴者とのコミュニケーションも図れ、パートナーや仕事相手との交友関係も深められます。ゴルフ場までマイカーがなくても大丈夫。公共交通機関とクラブバスで行けるゴルフ場もたくさんあります。

ゴルフデビューに関心のある方は、未経験女性2人がコースデビューするまでを追いかけたウマノミの企画「わたし、ゴルフはじめます!」のリポート全4回も参考にしてください。


注目記事