キングジムの電子ノート 紙の書き味、2400冊分を記録注目の製品使ってみました!

日経PC21

イーインク製で6.8型の電子ペーパーディスプレーを搭載し、紙のノートでいうと8万7000ページ分のメモなどを保存できるデジタルノート
イーインク製で6.8型の電子ペーパーディスプレーを搭載し、紙のノートでいうと8万7000ページ分のメモなどを保存できるデジタルノート
キングジム「フリーノFRN10」
●ストレージ:32GB ●ディスプレー:6.8 型電子ペーパー(1440×1080ドット)●端子類:USBタイプC( USB2.0)、マイクロSDカードスロット(最大32GB)●無線LAN:11b/g/n(2.4GHz帯)●バッテリー駆動時間:約10日●サイズ:幅132×奥行き175×高さ10ミリ●重さ:240グラム●実売価格 4万7000円前後

文具感覚で使えるデジタルノートとして、キングジムが開発した「フリーノ」。ディスプレーには、アマゾンの電子書籍端末「キンドル」と同じイーインク(E Ink)製の電子ペーパーを採用。サイズは6.8型で、A6用紙ほどの表示エリアとなっている。本体の重さは240グラム。そこに紙のノート(A6サイズ・36ページ)なら約2400冊、約8万7000ページ分の情報が記録できる。

一番の特徴は、紙のノートのような使用感だ。スマホやタブレットはディスプレー表面が堅いガラスで、カツカツとした感触になりがちだが、電子ペーパーを採用したフリーノはペン先が少し沈み込む。その感触は紙に手書きをしているようで心地よい。

電池を使わず4096段階の筆圧を検知できる、ワコム製のデジタルペンを採用。程よくペン先が沈み込むため、紙のようにスムーズに文字やイラストなどを描ける

ペンはワコム製。電池を必要とせず、4096段階の筆圧を感知する。線の太さや色の濃淡のほかに、描画の種類も鉛筆とペン(万年筆)、筆の3つから選べるので、メモだけでなくちょっとした絵を描くのも容易だった。

ペンによる描画は3種類から選べる。一定の線が書ける「鉛筆」と、万年質のような「ペン」、筆圧で太さが変わりやすい「筆」がある。色の濃淡や線の太さなども選べる

メニューには「Calendar」や、PDFファイルなどを表示する「Documents」などを用意。別売のケースを組み合わせれば、卓上カレンダーとしても利用できる。独自の「note」形式のメモのほか、SDカードやクラウド経由でPDFファイルを読み込み、そこに手書きのメモを加えることも可能だ。

上部メニューの「Calendar」を開くと、月間カレンダー表示に。この画面で日付を選択すると、手書きで予定などを書き込める
独自の「note」形式のファイルのほか、PDFファイルとPNG形式の画像ファイルにも対応。ファイルはマイクロSDカードや、クラウドストレージの「ドロップボックス」経由などで受け渡す方式。PDFファイルでも端末に表示すれば、文書上に手書きでメモできる

小型軽量でカバンにも収まりやすく、屋外でも室内でもサッとメモが取れる。手帳やノートが手離せないという人にお薦めの、新感覚端末といえるだろう。

ディスプレーが電子ペーパーとあって、スマホやタブレットよりも映り込みが少なく、屋外でも日光が反射しにくく文書が見やすい

(ライター 原如宏)

[日経PC21 2020年11月号掲載記事を再構成]

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
MONO TRENDY連載記事一覧