G-SHOCK誕生秘話 落とした時計がヒントにカシオ計算機 伊部菊雄(2)

日経クロストレンド

日経クロストレンド

苦境の就職活動の中で手を差し伸べてくれたカシオ計算機に入社した伊部菊雄。デジタル時計の新事業が始まって間もないころ、伊部が直面した“新参者”の壁とは。G-SHOCK開発の糸口となる、父からの贈り物だった高級時計が導いたあるひらめきとは……。G-SHOCK開発の裏側に迫る第2話。

G-SHOCK生みの親、カシオ計算機 羽村技術センター 開発本部 開発推進統轄部 プロデュース部 第一企画室 シニアフェローの伊部菊雄。いよいよG-SHOCK開発の糸口が見える

入社直前の新事業が人生を決めた

カシオ計算機の前身、樫尾製作所は1946年に樫尾忠雄ら4兄弟によって東京都三鷹市で創業された。樫尾一家は関東大震災を機に、東京在住の親戚から誘われて上京。長男の忠雄は高校卒業後、見習いの旋盤工として働き始めた。腕の良さを見込まれて、鍋や釜、自転車の発電ランプを製作した。やがて部品加工の下請けを頼まれるようになり、兄弟と樫尾製作所を立ち上げたのだ。

57年、世界初の小型純電気式計算機「14-A」を開発。これに合わせて社名をカシオ計算機とした。62年にプログラム機能の付いた科学技術用計算機「AL-1」、65年にはメモリー付き電子式卓上計算機「001」を発売し、一般にも広く普及した。

上智大学理工学部で機械工学を学んでいた伊部菊雄にとって、カシオの計算機は身近な存在だった。

「ほとんどの学生が、カシオの関数電卓を使っていましたね。カシオから(入社試験を)受けませんかって電話がかかってきて、行ってみることにしました。カシオだけは成績のことを聞かれなかった。専門面接もなかったような気がします。そういう意味で感謝しかない」

カシオは就職解禁日を守っていた企業でもあった。自分は決まりを守っているのに、なぜ守っていない企業の人事担当者に「あなたは今まで何をやっていたんですか」と責められなければならないのだろうと、伊部は心の底では疑問に思っていた。それ故、解禁日を守っていたカシオに伊部は好感を持った。

伊部がカシオから内定通知を受け取ったのは75年末のことだった。その約1年前、カシオは新規事業を始めていたのだが、それがその後の伊部の人生を決することになる。

74年11月、初めての腕時計となる「カシオトロンQW02」を発売。この頃、電池を動力源とするクオーツ式の時計が現れていた。カシオは電卓で培った、大規模集積回路(LSI)技術の転用先として腕時計事業に目を付けたのだ。

「入社が決まって、色々な会社資料が送られてきたんです。じっくり見ていると、ああ、デジタル時計を始めたばかりなんだって。入社後、研修が終わった後に、(配属先の)希望面接みたいなものがあったんです。そのときに何をやりたいかと聞かれて、『時計』と答えました。昔から時計が好きだったんですかって、よく聞かれるんですけれど、全然違うんです」

「たまたまなんです」と、念を押した。

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
父からの時計が教えてくれたもの
MONO TRENDY連載記事一覧