料理上手は愛情上手、自宅で毎日料理 森高千里さん食の履歴書

スーパーで食材を眺めながら献立を考えるのがルーティーン=三浦秀行撮影
スーパーで食材を眺めながら献立を考えるのがルーティーン=三浦秀行撮影

鼻に掛かる甘い歌声、ミニスカートとハイヒール――。この人は年をとるのだろうか。歌手の森高千里さん(51)は30年以上変わっていないように思える。妻で2児の母は台所に毎日立ち、家庭料理を作る。食卓に注ぐ情熱と愛情はステージと変わらない。

「きょうは何を食べたいかな」。音楽番組の収録を終え、スタッフと少しやり取りすると、真っ先に自宅へ。途中、スーパーで食材を眺め、献立を考えるのがルーティンだ。マイバッグを手に、気になった店にふらっと立ち寄る。「旬の野菜は何かな。あっ、こんなものが売ってるという発見があるんです」。料理をおいしく仕上げるために、食材選びから楽しむ。

「暮らしで一番大切なのは料理」。そう言い切る。食に対するこだわりは幼年期から。最初は小学校の下校時の買い食い。自宅と学校の中間に駄菓子屋があった。友達と一緒に小銭を片手に迷う。「きな粉餅、ミニコーラ、うまい棒……すべてが魅力的だった」。品定めして買うものが決まると、学校であったこと、噂話など、たわいない会話が飛び交う。「お菓子をつまみながらの時間は最高だった」

壁がなくなる実家のご飯

実家での食事は「ちょっと不思議だった」。ダイニングテーブルのまん中に鉄板を据え付けていた。父親の手作りか、購入したものかは分からない。「何かあると、この鉄板で焼き肉、お好み焼き。たこ焼きもおいしかった」。両親と兄と4人で食卓を囲み、ただただ会話する。「何を話す訳でもないが、相手の気分、思いが伝わってくる。鉄板を囲んだご飯って、壁がなくなるんですよね」

実家には家族で囲む鉄板付きテーブルがあった

1986年、飲料メーカーのイメージガールコンテストで優勝した。CMや映画などに出演したが、演じることに違和感を覚えた。「自分の思いを歌で伝えたい」。歌手に絞り、作詞を始めた。簡単な言葉だが鋭いメッセージを込めた歌詞。斬新な衣装をまとい、ドラムやギターを自ら演奏するパフォーマンスで、森高ワールドを確立した。

99年に結婚、その後の出産を経て2002年に活動を制限した。理由は「育児に専念するため」。子育てと仕事の両立はできたかもしれない。ただ「家族のためにできることは料理。子供に母親の味を作ってあげたかった」と振り返る。育児も家事も「大変だったが、苦しくはなかった。自分が望んだことだから」。自然体で生活を楽しんだ。

注目記事
次のページ
目標は母の手料理
今こそ始める学び特集