住商 在宅勤務に悩む上司、個人面談や雑談時間で工夫住友商事 杉本亮人事厚生部労務チーム長(下)

住友商事の杉本亮人事厚生部労務チーム長(左)とディスプレーに映っている武藤千明主任
住友商事の杉本亮人事厚生部労務チーム長(左)とディスプレーに映っている武藤千明主任

前回、「緊急宣言時は出社率2% 住商の在宅勤務のノウハウ」で住友商事が緊急事態宣言の解除後も積極的に在宅勤務に取り組んでいることを聞いた。その結果、見えてきた課題は何か、どう対策を実施しているのか、人事厚生部の杉本亮労務チーム長と武藤千明主任に聞いた。

上司はコミュニケーションに悩み

白河桃子さん(以下敬称略) 気になるのは生産性の部分です。原則在宅勤務の働き方に移行してから、生産性に変化はありましたか?

白河桃子さん

武藤千明さん(以下敬称略) 原則在宅勤務をスタートして1カ月半ほどたった4月時点でアンケートを実施しました。すると、個人の作業効率における生産性については、出社勤務と比べて「プラス」「ややプラス」「変わらない」と回答した人が約6割となりました。通勤を含む移動がなくなったことで「身体的負担が軽減した」という声や、「子育てと両立しやすくなって働きやすさが向上した」という声も見られました。

一方で、組織の生産性の観点では「ややマイナス」「マイナス」の回答が6割に。主な要因としては「対面でのコミュニケーションが取れなくなり、業務遂行が難しい」「自己規律でパフォーマンスを維持するのに苦労する」「なつ印を伴う業務が滞る」といったものでした。

白河 やはり管理の問題の難しさが出てくるのでしょうか。御社の働き方改革の方向性は「自律的な働き方」を目指すものなので、どこまで任せてどこまで管理するか、バランスの見極めは重要ですね。

杉本亮さん(以下敬称略) 悩んでいるのはどちらかというと上司のほうですね。オフィスに出社する働き方だと、顔を見たり、挨拶を交わしたりするだけでなんとなく部下の様子が分かっていたのに、在宅勤務だとそれが難しい。かなり意識的にコミュニケーションを取りにいかないと部下の様子が見えづらいですし、部下も遠慮してなかなか上司に相談しないようでして。部下の様子について「リモートだから見えづらい」のか「リモートになる前からちゃんと見ていなかった」のか、あらためて問い直すきっかけにもなっているのではとも感じます。

武藤 新入社員に業務を一定期間教える指導員役の社員たちも、「隣の席にいたら10秒程度で説明できることが、リモートでは難しい。指導に時間と労力がかかる」と悩んでいるようです。指導員同士をつなぐ場を設けて問題解決を支援するようなフォローも各現場では始めていると聞いています。

杉本 これからは課題解決のためのノウハウ共有が重要になっていく段階ですね。チームによっては、1on1(個別面談)の習慣を始めてみたり、ビジネスチャットを活用して小さな困り事を解決したり、あえてウェブ会議で雑談の時間を設けてみたりと工夫を始めていますので、社内のノウハウを共有できる仕組みづくりを強化していきたいと考えています。

注目記事
次のページ
健康面への配慮も必要