更年期の悩み セックスレスに宋美玄先生がアドバイス

日経ARIA

2020/10/9
写真はイメージ=PIXTA
写真はイメージ=PIXTA
日経ARIA

知っているようで知らない自分の体のこと。女性ホルモンが減少する40代50代は自分の体の変化にとまどうこともあります。気になる性の悩みや体の変化について、産婦人科医でもあり、性科学者でもある宋美玄さんがフラットに語ります。テーマは「更年期のセックス」です。

更年期にはセックスも変わる

丸の内の森レディースクリニック院長の宋美玄さん。女性の性や妊娠・出産について正しい情報を届けるため、積極的な啓もう活動に取り組んでいる

更年期になるとセックスも変わってきます。女性ホルモンの減少とともに更年期には体にさまざまな変化が起こりますが、ほてりや発汗、手足の冷え、めまいといった症状とともに、女性器では膣(ちつ)粘膜が薄くなったり、膣が萎縮したり、潤いが不足したり、摩擦に弱くなったり。乾燥で女性器周辺がかゆくなるといった症状を感じる人もいます。それにともなって40代後半ぐらいから性交渉の際に痛みを感じるようになり、以前のように快感が得られなくなったという訴えが婦人科でもよく聞かれます。この時期に、「痛いからセックスはしたくない」という気持ちになる人もいます。

セックスで女性ホルモンが増える?

「女性は40代で性欲が強くなるというのは本当ですか?」と聞かれることがありますが、医学的に見ると、年齢とともに女性ホルモンが減少し、性的な欲求は減っていくのが自然です。男性も同じ。ただ男性ホルモンの減少カーブは女性ホルモンほど劇的ではないので、性欲も女性より緩やかに減っていきます。世の中には「セックスすると女性ホルモンが活性化する」という謎の思い込みがあるようですが、それは間違った情報だと声を大にして言いたいです。セックスしてもしなくても、女性ホルモンの分泌量は変わりません。

40代50代にはセックスレスという悩みもありますが、性欲が減っていくことを考えると、本心ではあまり気にならない人もいるのだと思います。ただ、そこは「求める」「求められる」という兼ね合いなので、性交渉の機会が減れば、自分の性欲を持て余すこともあるかもしれません。

40代になるとマスターベーションで自分の性欲をマネジメントすることに慣れている女性もいて、そういう方法を知っていれば性欲自体は発散できると思います。一方でオーガズムへの欲求ではなく、「人と触れ合いたい」「人肌が恋しい」という感覚は、女性ホルモンとは関係なく、年齢とともに減ってくるというわけではありません。

「セックスレスの悩み」、その正体は?

一般に「性欲」というと、その2つをひっくるめてしまうけれど、「触れ合いたい」「ぬくもりがほしい」のか、「感じたい」「いきたい」という性欲なのか。これを機に自己分析してみてもいいかもしれません。カウンセリングに来られる患者さんともよく、そういう話をしています。どうすれば自分が満足するのか、自分はどういう性的嗜好なのか。自分の性欲を掘り下げて、自己マネジメントをしてみることも解決の糸口になります。

「触れ合いたい」ということであれば、パートナーとの会話を楽しみながら、ボディータッチから始めるのもいいと思います。セックスはコミュニケーションの一つですから、会話がなくては成り立ちません。いきなり「セックスしなくちゃ」と思い込まず、軽いスキンシップを増やしてみてはどうでしょうか。

注目記事
次のページ
痛みはホルモン補充で解決できます