AI開発ビール、即日完売 4つの世代を色や味で表現

日経クロストレンド

パッケージは、今回のビールの最大の特徴である色をメインに押し出したデザインを採用した。各世代の4本を、ワンセットで箱入りで販売
パッケージは、今回のビールの最大の特徴である色をメインに押し出したデザインを採用した。各世代の4本を、ワンセットで箱入りで販売
日経クロストレンド

クラフトビールの「コエドビール」を製造・販売する協同商事(埼玉県川越市)とNECは、人工知能(AI)で過去の雑誌データからトレンドを分析し、20~50代の4つの世代ごとの時代に応じたクラフトビール「人生醸造craft」を開発した。

7月15日から協同商事のオンラインショップで4本ワンセットで1540円(税込み)で販売した結果、当初の2000セットは1日で完売。さらに追加の醸造・販売を決定し、7月23日から予約を受け付けた。出荷時期は9月下旬~10月中旬になる見通し。

NECはAIの可能性を探るため、「人と協調するAI」をテーマにさまざまな取り組みをしている。同社のAI技術「NEC the WISE」を生かし、17年には名作文学の読後感想文を分析してコーヒーの味わいに再現した「飲める文庫」を、18年には新聞記事の内容を分析して時代のムードを味覚で表現した「あの頃はCHOCOLATE」を開発。発売すると、どれも完売したほどの人気だった。

「人生醸造craft」。各世代が20代だったときのトレンドカラーが液色に反映されている。写真左上から「人生醸造craft~20's PINK~(発泡酒)」「人生醸造craft~30's BLUE~(発泡酒)」「人生醸造craft~40's YELLOW~(ビール)」「人生醸造craft~50's RED~(発泡酒)」となっている。各350ミリリットル

今回のクラフトビールは第3弾。酒類を選んだ理由は、NECの新入社員による「上司や先輩とのコミュニケーションをどうやって取ればよいのかな」というつぶやきだった。「若い人だけではなく、シニア層も同じ悩みを抱えている。そんな世代を超えたコミュニケーションを支援するために酒類が候補に上がった」と、同商品を企画したNEC IMC本部の志村典孝マネジャーは語る。世代間の相互理解に適した商品として、職場内の話題のきっかけ作りにしたいという。

クラフトビールに決めたのは、色や香り、味わいなどいろいろな表現ができるからだ。そこでクラフトビールの実績があり、先進的な取り組みをしていた協同商事に声をかけた。さらに小学館から、過去40年分の雑誌をデジタルデータで提供してもらった。分析対象とした雑誌は「CanCam」「Oggi」「Domani」「DIME」「BE-PAL」「Precious」「女性セブン」「週刊ポスト」だった。

パステル系は甘い、寒色系はドライ

クラフトビールは一般に色や香り、味の3つで商品の味わいを表現する。人生醸造craftでも、この3つを探るために雑誌データを分析した。

例えば40代向けのビールの場合、色は20代の頃と設定して20年前の雑誌データからトレンドの色を画像分析。香りは30代の頃と設定して10年前の雑誌データからトレンドとなるワードを分析している。味は現在と設定して雑誌データからファッションの画像分析する。それぞれの分析結果を基に協同商事が世代の特徴を捉え、ビールとして表現した。

分析概要(人生醸造craft 40'sYELLOWの例で示す)※NECの資料を基に日経クロストレンド編集部で加筆した

「最も時間をかけたのは、何と何をどうひも付けて、色や香り、味を設計するかだった」とNEC IMC本部の橋本和泉主任は言う。例えば味は甘みやドライ、苦み、酸味の4つの指標で数値化。一方、スカートやパステル系の色は甘みとし、パンツや寒色系の色はドライにした。これをAIに学習させ、画像分析をした。

「人間にはできないコンセプトメークをAIが行ってくれた面白い取り組みだった。ビール職人には創作意欲のインスピレーションを、飲む人には世代間の相互理解のきっかけを提供できた」と協同商事の朝霧重治社長は言う。

4種類のビールのうち、最も苦労したのが「30代のビール」。ブルーは日頃使っているビール原料では出しにくい色だったからだ。選択肢が少ない中で、クチナシを使うことでブルーを表現。SNSでも話題になった。

(ライター 中村仁美)

[日経クロストレンド 2020年9月2日の記事を再構成]

注目記事
今こそ始める学び特集