powered by 大人のレストランガイド

多彩な白ワイン「シャブリ」 料理との相性で選ぶならエンジョイ・ワイン(30)

朝陽を浴びるシャブリ・グラン・クリュの1つ「レ・クロ」の畑。レ・クロは7つあるグラン・クリュの畑の中でも、最も上質のワインを産するといわれている(筆者撮影)
朝陽を浴びるシャブリ・グラン・クリュの1つ「レ・クロ」の畑。レ・クロは7つあるグラン・クリュの畑の中でも、最も上質のワインを産するといわれている(筆者撮影)

1980年代のバブル期に、辛口白ワインの代名詞として一世を風靡したシャブリ。和食にも合うとされることから、ブームが去った今も安定した人気を誇り、フランス料理店だけでなく、ちょっとおしゃれなすし店や和食の店でもシャブリを置いているところは多い。一口にシャブリと言っても様々な種類があり、種類によって料理との相性も変わってくる。そんなシャブリの人気の秘密や楽しみ方を紹介する。

シャブリはもともと、世界的な銘醸地フランス・ブルゴーニュ地方の北端に位置する村の名前。村名がそのままワインのブランド名になっている。品種はシャルドネ100%。冷涼な気候を反映したキリっとした酸味が特徴で、辛口と評されるゆえんだ。ブルゴーニュには他にも、モンラッシェをはじめ世界に名だたる白ワイン産地がたくさんあるが、日本で最も流通量の多いブルゴーニュ産白ワインはシャブリの名を冠したワインで、ブルゴーニュ産白ワイン全体の50%弱を占めている。

酸の切れ味が鋭いスリムな印象のもの、ハーブの香りの強いもの、よりフルーティーな感じのもの、飲みごたえのあるフルボディーのものなどシャブリの味わいも様々で、多彩だ。違いを生む最も大きな要因は畑の「格」。格は基本的に畑の場所によって決まり、4つの格があり、ボトルにフランス語で表示されている。

最上格は「シャブリ・グラン・クリュ(Chablis Grand Cru)」。クリュは畑の意味で、グラン・クリュを名乗れる畑は7つある。すべてシャブリの街を見下ろす小高い山の南斜面にあり、互いに隣り合っている。水はけがよく日照量が豊富なため、ブドウがよく熟す。そうしたブドウから造られるグラン・クリュのワインは、完熟した柑橘(かんきつ)系果物の甘い香りを発する。また、木樽(たる)で熟成させるため、樽由来のほんのり甘い香りやタンニンの渋みも加わって、複雑さや厚みを感じるフルボディーに仕上がる。

次に来るのが「シャブリ・プルミエ・クリュ(Chablis Premier Cru)」。畑の数は40前後で、山の南や東斜面という好位置にある畑が多い。単に「シャブリ(Chablis)」と名の付いたワインは、グラン・クリュ、プルミエ・クリュ以外の畑のブドウから造られたシャブリで、いわばスタンダード(標準)タイプだ。上位2つの格と比べ、凝縮感では劣るが、スッキリとした味わいで、値段も比較的手ごろだ。生産量も、シャブリ全体の約3分の2を占め圧倒的に多い。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド