そこってどこ? 場所じゃないこともあるthereに注意デイビッド・セイン「間違えやすい英語・聞き手編」(64)there

相手が話した英語を誤解して受け取ってしまった。そんな体験はどなたにもあると思います。日本人向けの英語教育で豊富な経験を持つデイビッド・セインさんは「日本人が聞き手として勘違いしやすい英語表現がある」と言います。今回は「そこ」という意味のthereを使った表現をご紹介したいと思います。

◇  ◇  ◇

新規のクライアントを開拓するために先方への提案書作りに励んでたユウカ。ようやく形になったので、スティーブに早速確認してもらうことにしました。提案書を見たスティーブは出来栄えに感心し、手伝いを申し出てくれました。契約成立できるか少し自信がないユウカは、その気持ちをスティーブに伝えます。ところがスティーブから返ってきた返答にユウカはスティーブの真意をはかりかねます。

それはこんな会話でした。

Yuka: I finished the new client proposal.
Steve: Good job! The rest will depend on the presentation.
Yuka: I'm working on the presentation, too.
Steve: I can help you out with anything you need.
Yuka: Thank you.
Steve: If we're able to get this client, it will be a pretty big contract.
Yuka: That's right. I really hope we can get this contract...
Steve: We just need to get an appointment with the client, then we'll take it from there.
Yuka: Oh, are you going to prepare the whole presentation?
Steve: No, not the whole thing.
Yuka: But you said you were going to take over being in charge?
Steve: No, you're the one in charge of this one.
Yuka: Well, yeah...
Steve: I'll book the appointment with the client.
Yuka: Okay, thank you.

日本語に置き換えてみると次のようになります。

ユウカ:新規のクライアントへの提案書出来上がったわ。
スティーブ:よくできてるね!あとはプレゼン次第かな。
ユウカ:プレゼンの準備も一緒に進めるわ。
スティーブ:僕も色々手伝うからね。
ユウカ:ありがとう。
スティーブ:もし成功したら、大口契約になるね。
ユウカ:ええ。うまく契約できるかしら……。
スティーブ:まずは約束を取り付けよう。話はそこからだね。
ユウカ:あ、スティーブが全部やってくれるの?
スティーブ:いや、全部じゃないよ。
ユウカ:でもここからはあなたが担当してくれるってこと?
スティーブ:いや、担当は君でしょ。
ユウカ:そうだけど……
スティーブ:クライアントのアポイントは僕がとるよ。
ユウカ:わかったわ。お願いね。

上記の会話は新規クライアント開拓についてのユウカとスティーブの会話です。新規クライアントが獲得できるかどうか、少し不安なユウカに、スティーブは言葉をかけました。その言葉を勘違いして受け取り、なぜかスティーブが担当するのかと思ってしまいました。いったい何が原因だったのでしょうか。

今こそ始める学び特集
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
注目記事
今こそ始める学び特集