靴下を生かす 大人のストリートスタイル

――2組目はジャケットとショートパンツを用いたコーディネートです。

「大人のストリートスタイルがテーマで、ジャケットやバケットハットと合わせて上品さをプラスしています」

ジャケット 2万1600円(ラブレス)、カットソー 6000円(ラブレス)、パンツ 1万2800円(ステューシー)、帽子 7800円(ステューシー)、スニーカー 1万1000円(ナイキ)

――ジャケットはどう選んだのですか?

「ポリエステル素材の通気性のいいものを選びました。コットン素材などのドレッシーなものよりも、こういったカジュアルジャケットの方がストリートスタイルと相性がいいです」

Tシャツはタックインですっきり見せるよう意識

――Tシャツはタックインしています。シャツによく見られる着こなしですが、どんな狙いがあるのでしょうか。

「ジャケットと合わせることを意識しました。シャツのような上品さもプラスできますし、全体がすっきりとして見えるんです」

――足元も気になります。ナイキの「ブレーザー」と、グラフィックがプリントされた靴下の組み合わせです。

「一昔前のストリートスタイルになじみのある方にとっては懐かしいハイカットスニーカーですが、実は今期の新作です。これに僕の私物のソックスを合わせました。適度に色や柄が目立つようなデザインと長さが決め手ですね」

ハイカットのスニーカーに色柄が目立つソックスを合わせた

――靴下の長さはどれくらいが理想的ですか?

「ふくらはぎの真ん中くらいです。ショートパンツと合わせた際、肌が見えすぎず、隠れすぎもしないバランスですね。ハイカットのスニーカーに対する柄の露出具合も、これくらいがちょうどいいでしょう」

――肌が隠れすぎず、柄を適度に見せられる長さということですね。パンツとハットは両方ともステューシーのものですが、統一感を意識したのですか?

「そうですね。シンプルなデザインのものが多いブランドなので、ジャケットとの相性もいいですよ」

モードなモノトーンスタイル 靴下見せるメッシュスニーカー

――最後はモノトーンでまとめたコーディネートです。小物の使い方のこだわりは?

「タイダイ柄のソックスを履いています。また、メッシュ素材のスニーカーを選び、さりげなく柄を見せています」

カットソー 1万4700円(ヨシオクボ グランドフロア)、パンツ 1万800円(ラブレス)、帽子 7800円(ステューシー)、サングラス 3万4000円(パイン)、ソックス 2000円(チャコールトーキョー)、スニーカー 7000円(ナイキ)

――メッシュ素材のスニーカーというのは斬新ですね。

「見た目の意外性はもちろんですが、通気性がいいので夏はサンダル感覚で履けます。すでにレディースの間で注目されているアイテムなので、男性もトレンド感を意識して取り入れてみてもいい頃合いでしょう」

ソックスの柄がうっすら透ける
通気性がいいメッシュ素材

――黒のワントーンの着こなしは難易度が高いように思えます。注意点はありますか?

メッシュ素材のパーツは、様々な結び方でアレンジを加えられる

「濃い黒で統一すると重たい印象になってしまいます。このバケットハットのように、少し退色した風合いのものを取り入れることで、適度に軽快感を与えることができますよ」

――トップスもユニークなデザインです。

「『ヨシオクボ グランドフロア』というブランドのTシャツです。メッシュ素材の布パーツが付いていて、脇のあたりで結ぶとアクセントになります。シンプルなTシャツだとやや子供っぽい印象になってしまうと思い、デザイン性のあるアイテムを選びました。あとはスニーカーの素材と統一するという意図もありますね」

※表示価格は税抜き。

文:FACY編集部 山梨幸輝(https://facy.jp/) 写真:加藤潤


SUITS OF THE YEAR 2020

新型コロナウイルスの影響で、2020年は初のフルCGで作成した会場でのバーチャル授賞式。
時代の節目に挑み、大切なメッセージを放つ5人を表彰した。

>> 詳細はこちら

SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2021
GIFT SPECIAL 2021
SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2021
Instagram