一度着たら手放せないコンフォタブルな着心地と、画面映えするスタイリッシュさを兼ね備えた新時代のスタンダードシャツは、ポロ以降の初秋に向け、そろえておいて損なしです。

職人技の仕立て シャツ専門ブランドのジャージーシャツ

《ソンリーサ》 え?と思うほどドレッシーなシャツの顔をして、その素材は実はジャージー。それが、イタリアのシャツブランド、ソンリーサで人気のジャージーシャツ。伸縮性の高いジャージーはカットソー専門の機械で縫うケースが多く、どうしてもカジュアルな印象の縫製になってしまいがちなのですが、ソンリーサではジャージーにもシャツ用のミシンを使っています。

モニター越しに映える明るいネイビー。肌映りもよく快適でヘビロテ間違いなし 税別32,000円(ソンリーサ/フローエンストーキョー)

細やかなピッチで縫製するため、布はく(織物の生地)同様のすっきりした襟回りや、シェイプの効いたウエストラインに仕上がっているのです。実はこちら、かなりの熟練した職人技があってこそできること。北イタリアらしい、かっちりとしてりりしい仕立てで、でもジャージー、とはシャツを熟知したブランドだからこそなせる技なのです。

表情は織り生地に見えて、実はプリント。その分肌あたりはしなやかに。女性には、「わ、きちんとしてる」と見え、着心地はアットホームで、一度味わえば、もうヘビロテ。シャツ同様の仕立てゆえにタイドアップもサマになり、秋以降は例えばニットタイなどとのコーディネートで印象の変化を楽しめる応用力も魅力。できる男のできる楽ちん、とはまさにこのシャツのことなのです。

ジャージーとは思えないほど襟回りにはきちんと感が漂う

セクシーなのにリラックス コットンネルのやさしさは格別

《フィナモレ》 エレガントな印象のシャツ作りで定評のあるブランド、フィナモレ。狭めの肩幅が特徴的で、それによって上半身の身体のラインがきれいに引き立ち、ほどよくセクシーな印象も与えるので、モニター越しの評判が悪いはずはありません。様々なデザインのモデルがありますが、こちら、BALIはシャツのタックイン、アウトどちらもサマになる絶妙な丈感も見逃せないポイント。オンタイムにはタックイン、デートの時はアウト、とシチュエーション別に様々な着こなしを楽しめる過不足ない長さは、お洒落(しゃれ)好きほどうなるバランスです。

クリーンでエレガントな雰囲気と、心地よい肌触り。冬はウールタイ、ざっくりしたカーディガンとも好相性 税別29,000円/フィナモレ(guji tokyo)

そして、最も注目なのがこの素材。実はこちらはネル。ネルといってもいわゆる普通のネルよりも毛足が短いのでカジュアルすぎる印象はなく、そのさじ加減も実に絶妙。オンタイムの雰囲気を持ちつつも、ふわっとした質感は、着ている男性を温かみのある雰囲気に演出し、大人の男性ならではの懐の深さを本能的に察知する女性にとって、この質感はまさに猫にマタタビ。

ドレッシーさとカジュアルさを兼ね備えた、絶妙の起毛感

「…モニター越しだからこそ、わかるお人柄ってあるみたい…」などと、その雰囲気にうっとり目線を送ります。また着ている本人にとっても、この包まれるような優しい着心地はリラックスした気分満点。リモートで個人の判断がいつも以上に重要度を増すと過度なストレスがかかるもの。それを和らげ、柔軟な気分になるという、キャリアの面でも効果があるのです。「なぁんか甘えたくなっちゃった」そんな気分にさせる色気とリラクシーを併せ持った雰囲気のシャツ。「…じゃ週末ね」とダイレクトメッセージを送れば、秋の豊作、は確定です。

SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
SPIRE
次のページ
スポーツウエア並みの機能性、しかもスタイリッシュ
SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
Instagram