伸縮・速乾・UVカット… 機能性短パン、大人の1本は

化繊なのに「スポーツ用」と思われない雰囲気のものも
化繊なのに「スポーツ用」と思われない雰囲気のものも

自分が探しているファッションアイテムについての質問を投稿すると、登録された全国のショップから回答が寄せられるファッションアプリ「FACY(フェイシー)」。提供元のファッション系ベンチャー、スタイラー(東京・渋谷)が、月間100万人を数える利用者からの投稿内容を分析、次のトレンドを読み解く。




メンズ向けの「FACY MAN」の投稿件数が最も多かったのが「パンツ」カテゴリーだった。

投稿内容を詳しくみると、パンツに関する頻出語としては「ショートパンツ」、「夏」、「カジュアル」などが見られた。

最近、店頭でよく見かけるのが、ナイロンやポリエステルの生地を使ったショートパンツだ。馴染み深いコットン素材に比べて、速乾性などの機能に優れたものが多い。汗をかきやすい夏場には魅力的なアイテムといえそうだ。

とはいえ、ナイロン素材はスポーツ向けというイメージも強い。大人はどんな一本を選ぶべきだろうか。今回はFACYに登録する各店が薦める、ナイロン系の素材を使ったショートパンツを紹介する。

コットンのような自然な質感 街からアウトドアまで幅広く

東京・原宿にあるHAVEA(ハバ)のストアマネージャー、越山智行氏は、日本発のブランド・coochucamp(クーチューキャンプ)のショートパンツを紹介してくれた。街中、アウトドア問わず、幅広く使える一本だという。

「大人が着こなす“やんちゃ坊主”」をコンセプトにした日本発ブランドの一着。アメリカの老舗企業、デュポン社による高機能生地Supplexを採用している。耐久性や速乾性が高く、色落ちのしにくさやUVカットなど様々な機能を搭載。coochucamp / Active Shorts 1万2744円(税込み)

「Supplex(サプレックス)という高機能素材が使われています。速乾性が高いので、街中だけでなく、川や海などのレジャーシーンにも最適です。ナイロン素材特有のシャカシャカする感じはなく、見た目はコットンのよう。質感もマットなので、大人の男性でも取り入れやすいですよ」

ナイロン素材とはいえ、コットンのような見た目と質感なら使いやすそうだ。どんなコーディネートがおすすめなのだろうか。

「無地のTシャツとスニーカーを合わせて、シンプルにまとめるのはいかがでしょう。その際、Tシャツは生地のオンス数(1平方ヤード辺りの重さの単位)が高く、身幅の広いものが今年らしいかと。色は白かグレー、ネイビーを選ぶのがいいと思います」

生地の光沢感が控えめなので、スポーツ用の印象になりにくい
白の無地Tシャツにネイビーカラーを合わせた越山氏のコーディネート

次のページ
抜群のストレッチ性 テレワークでも重宝
夏の装い直前講座
Watch Special 2020
Fashion Flash