ニコンZ 5 持ち歩きが苦にならない入門フルサイズ機

ニコンのフルサイズミラーレス一眼カメラのベーシック機「Z 5」。公式オンラインストアにおける「NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3」とのレンズキットの販売価格は22万2200円(税込み)
ニコンのフルサイズミラーレス一眼カメラのベーシック機「Z 5」。公式オンラインストアにおける「NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3」とのレンズキットの販売価格は22万2200円(税込み)

8月28日、ニコンからフルサイズミラーレス一眼カメラのベーシック機「Z 5」が登場した。高画質を誇る「ニコンZマウント」を採用し、新開発のコンパクトな沈胴式ズームレンズにジャストフィットする、軽快で操作性に優れ買いやすい価格のカメラになっていた。

Z 5は同時にリリースされる沈胴式のズームレンズ「NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3」を装着しても約870グラムという驚異的な軽さを実現している。ミラーレス一眼カメラとはいえEVF(電子ビューファインダー)搭載のフルサイズ機だと常時携行は難しい印象があるが、このZ 5はその先入観を覆してくれる。

カメラバッグにはもちろん、普段使いのバックパックやトートバッグにもすんなりと収まってしまう大きさがいい。ボディーサイズは高画素機「Z 7」や高速連写機「Z 6」とさほど変わらないが、「NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3」の小ささのおかげで、手のひらに収まってしまうほどの大きさなのだ。ボディーとレンズとで1キログラムを軽々と切り、しかも買いやすい値付けでヒットしそうなカメラである。

しかもこの組み合わせの写りがすこぶるいい。有効画素数2432万画素のセンサーは裏面照射型ではないものの、Z 6譲りの伸びやかな描写と高感度性能で安定した描写をみせてくれる。沈胴式だが「NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3」もワイド端からテレ端までシャープな像を結んでくれる。さすが大口径かつ、マウント面からイメージセンサーまでの距離が短いショートフランジバックのニコンZマウントだと感心したほどである。

オートフォーカスも273点の測距点を持ち、画面の周辺部まで正確なピント合わせが可能になっている。しかもマイナス3EVという暗さでも精度の高いオートフォーカス性能を実現しているのだ。もちろん高感度特性も優れており、常用ISO感度は100~51200(5万1200)となっているのが心強い。もちろんポートレート撮影で役立つ「瞳AF」や、ネコやイヌの撮影で頼りになる「動物AF」もしっかりと搭載されている。

暗いシーンでも安心な強力なボディー内手ブレ補正機能もZ 5の特徴だ。5軸5段分もの範囲をカバーするこの機能は「NIKKOR Z」レンズはもちろん「NIKKOR F」レンズ(マウントアダプター「FTZ」を介しての使用)でも有効なので、オールドレンズを使ってのレンズ遊びも安心してできる。

操作性もニコンのカメラらしく真面目な仕様だ。EVFは約369万ドット0.5型有機ELパネルを採用し、視野率約100%、ファインダー倍率約0.8倍とZ 7やZ 6と同等の見え具合を達成。接眼保護窓は素材が異なるが、「自然な感じで見やすい」という印象を持った。

大きく持ちやすいグリップもいい。安定感がありしっかりとフレーミングでき、横位置でも縦位置でも握りやすかった。またグリップ内に納められるバッテリーは新型の「EN-EL15c」となり、1回の充電で静止画なら約470コマ、動画だと約120分間の撮影が可能となっている。さらに旅先で重宝するUSB充電と給電にも対応している。

気になる記録メディアはZシリーズ初となる、SDカードのダブルスロットとなる。転送速度が高速な「UHS-II」規格対応のSDカードを2枚使用でき、順次記録、バックアップ記録、RAW形式とJPEG形式の分割記録など、使用スタイルによって記録方式を選択できる。

このようにベーシック機とは思えない仕様を誇るZ 5だが、気になる価格は「NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3」とのレンズキットが公式オンラインストアでは22万2200円(税込み)。大手カメラ量販店なら実売20万円(同)程度で手に入る。

これはまさに「フルサイズ機デビュー」するチャンスではないだろうか。画質もよく、軽快なフルサイズミラーレス一眼Z 5は誰にでもお薦めできるカメラに仕上がっている。

次ページ以降で作例を紹介する(撮影には出荷前の試用機を使用した)。

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
MONO TRENDY連載記事一覧