presented by 日本能率協会

「NPOで副業」から身に付く人脈とビジネス力エグゼクティブ層中心の転職エージェント 森本千賀子

NPOへの参加は、多様な人たちとの出合いにつながりやすい(写真はイメージ =PIXTA)
NPOへの参加は、多様な人たちとの出合いにつながりやすい(写真はイメージ =PIXTA)

「複業」「パラレルキャリア」という概念が近年、一段と広がってきました。従業員の副業を解禁する企業も増えている今、「どんな副業を選べばいいのだろうか」と思案している人は多いのではないでしょうか。今の副業は、単にプラスの収入を得る目的だけではなく、人材として成長し、価値を高め、将来のキャリアの可能性を拡大することにつながる仕事を選ぶことをお勧めします。今回は副業先の選択肢として「NPO」に注目してみましょう。

NPOで働く経験をすると、一般的な企業では得られないものを得られることがあります。それは新しい経営的視点や価値観であったり、ビジネススキルであったり、人脈であったり。副業あるいはボランティアという形でも経験する価値があると思います。そのメリットの数々についてお伝えします。

まずは私自身の経験からお話ししましょう。10年ほど前まで、多くの皆さんと同様、私にとってNPOは縁遠い存在でした。けれど、世間で社会貢献に関する意識が高まっていくのは感じていました。2011年の東日本大震災以降、ボランティア活動に携わる人が増えていく中、転職エージェントとしてビジネスパーソンの皆さんと仕事観について話していると、「社会的意義」「社会貢献」などを語る人が多くみられるのです。

私が理事として参加したのは、一般社団法人の「ソーシャル・インベストメント・パートナーズ(SIP)」。NPOやソーシャルベンチャーなど、社会的事業に資金面・経営面での支援を行う団体です。主に「教育・若者の就労支援」「育児・女性の活躍」「地域コミュニティー」などのセクターを支援しています。

その後、SIPの支援先の一つである「放課後NPOアフタースクール」の理事にも就任しました。こちらは、小学生の学童保育を学校内で運営するNPOです。

私はこの2つの団体の理事として、経営課題の解決、組織づくり、人材紹介などの支援を行っています。SIPでは資金提供者と資金提供先の開拓も担っています。

次のページ
NPO活動に参加することで得られるもの