powered by 大人のレストランガイド

関西風たこ焼き、銀座でつまみ夏祭り気分 お薦め3店

銀座で正統派の関西風たこ焼きを提供する「銀座ふくよし」
銀座で正統派の関西風たこ焼きを提供する「銀座ふくよし」

自粛解除後3カ月経っても、先行きが見えない現在の生活。はっきり言えるのは、今年の夏休みは従来のようには楽しめないということだ。夏祭りや盆踊り、花火大会など楽しい夏の恒例行事は軒並み中止。東京在住者は帰省や旅行もままならず、仕方ないとはわかっているが、ちょっと寂しい。ならば、別の形でゆるく夏気分を味わうのはどうだろう。キーワードは「たこ焼き」だ。

たこ焼きは年中食べられる料理だが、こんがり焼けた生地にソースとカツオ節が乗ったあの姿を思い出すと、脳内がなんとなく“祭り気分”になる。実は東京のど真ん中、銀座には関西人も納得するハイレベルのたこ焼き店がそろっていることをご存じだろうか。たこ焼き店ならば、さくっと食べて店内滞在時間も短くて済むし、もちろんテークアウトができて、3密対策は万全だ。そんな、銀座エリアの人気店たこ焼き店3店を紹介する。

「銀座ふくよし」には昼夜問わず様々な客が訪れる

1店目は銀座3丁目にある「銀座ふくよし 銀座本店」だ。地下鉄銀座駅から数分、いかにも「たこ焼き店」なポップな外観が登場。銀座で肩の凝らない店構えにはホッとする。出すのは正統派の「大阪のたこ焼き」だ。生地のだし用のカツオ節は築地の仲卸店から仕入れ、濃厚なだしを使うことでソースなしで食べてもおいしいたこ焼きができるという。タコは福島の専門業者から厳選し、ゆでずに「蒸して」入れる(歯応えがよくなる)。ソースは大阪の専用メーカーから取り寄せるなど素材のクオリティーには徹底的にこだわっている。「東京で一番おいしいたこ焼きを食べられる店」として地方や、関西から食べにくる客もいるという。

さっそく注文してみよう。「ジンジャーハイボール」(510円・税別)を飲んで待つこと15分。アツアツ、焼きたてのたこ焼き3種(「そのまんま」「ぜんぶのせ」各590円、「タバモッツァ」680円、すべて8個入り・税込み)と同店名物の「イカ焼き」(450円・税込み)が運ばれてきた。

食べようとして驚いた。たこ焼きを箸で持ち上げると、ボールのように硬く焼き固められていると思っていたのだが、非常にソフトで繊細なのである。実はこれは関西風の焼き方ゆえ。諸説あるが、焼く際の油を極力控え、火加減をうまく調整して表面はカリッと、中はとろけるようなふわふわの食感を作り出すのが関西風のたこ焼きなのだという。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト