ランボルギーニ・ウラカンEVO RWD 加速するほど安定

2020/9/13
0-100km/h加速は「ウラカンEVO」の2.9秒に対して、「ウラカンEVO RWD」では3.3秒。もっともどちらも浮世離れした速さであることに変わりはなく、現実世界でその差を感じ取るのは難しいだろう

前後のスポイラーのデザイン処理はEVOとEVO RWDで多少異なるが、ペルフォルマンテのような可変エアロダイナミクス付きの大仰なリアウイングなどを持たないのは同様。それでも空力特性が格段に向上(合計ダウンフォースはスタンダードモデルの7倍という)しているのもマイナーチェンジ版たるEVOの特徴という。無論一般道ではそれをきっちり確認するには至らないが、速度が増すほどにスタビリティーが向上する感覚は共通している。

インテリアの基本デザインは「ウラカンEVO」と同様。今回の試乗車は左ハンドル仕様だったが、右ハンドルも選択できる

比べればよりオーソドックス

進化したウラカンEVOにおける最大のトピックは、後輪操舵システムやトラクションコントロール、トルクベクタリングと4WDシステムなどを統合制御するLDVI(ランボルギーニ・ディナミカ・ヴェイコロ・インテグラータの略)なる車両コントロールシステムだろう。

各種センサーからのデータをフィードフォワード制御(20ミリ秒ごとに先読みするという)してスリップアングルやトラクションを最適制御するというもので、今やフェラーリなども同様のシステムを備えている。後輪駆動であることを除いた最大の違いは、RWDではその後輪操舵システムが省かれること。またLDVIに代わってP-TCS(パフォーマンス・トラクションコントロールシステム)なる制御装置がドライバーをサポートする。

メーターには、12.3インチのカラーディスプレイが用いられている。「ストラーダ」「スポーツ」「コルサ」(写真)の各ドライブモードで、異なるデザインを採用
センターコンソールにタッチスクリーン式の縦型8.4インチモニターを配置。スマホ感覚でカーナビやエアコンなどを操作できる

もっとも、それにしては車重の違いは意外に大きくなく、相変わらず乾燥重量で発表する車重はEVO=1422kgに対してEVO RWD=1389kgと30kg程度にとどまっている(RWDの車検証値は1600kg)。

統合制御システムのうちの何がどう作用しているかは定かではないが、とにかく面白いように曲がるのがEVOの特徴。スパッと切れ味鋭くというよりも、ステアリングホイールを握る手に力を入れたと同時にコーナーの狙ったポイントに引き寄せられるかのようだ。その切れ味に初めは面食らう人もいるはずだが、自分の神経がそのままウラカンEVOの車体につながっているような感覚は他に例を見ない。

欧州複合モードにおける公称燃費値は約7.3km/リッター。今回の試乗では満タン法で6.5km/リッターを記録した

それに対してRWDはもっとオーソドックスというか、前輪の接地感を意識して操舵する必要があるが、こちらも切れ味抜群なことは言うまでもない。自由自在の万能感が味わえるEVOよりも手練(だ)れ向けといえるだろう。

もっとも、ドリフト向きと位置づけられるスポーツモードでもパワーオンで後輪のグリップを失わせることはできず(ブレーキング時や完全オフにすれば別だが)、そんなことをしていると人には言えない速度になってしまうから、心ゆくまで試すにはやはりサーキットに持ち込むしかないだろう。ちなみに乗り心地も決してスパルタンではない。それどころか今回取材に同行した新型「トヨタ・ヤリス」より掛け値なしにフラットで快適だった。そういう時代なのである。

(ライター 高平高輝)

■テスト車のデータ
ランボルギーニ・ウラカンEVO RWD
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4520×1933×1165mm
ホイールベース:2620mm
車重:1389kg(乾燥重量)
駆動方式:RWD
エンジン:5.2リッターV10 DOHC 40バルブ
トランスミッション:7段AT
最高出力:610PS(449kW)/8000rpm
最大トルク:560N・m(57.1kgf・m)/6500rpm
タイヤ:(前)245/30ZR20 90Y/(後)305/30ZR20 103Y(ピレリPゼロ)
燃費:13.8リッター/100km(約7.3km/リッター、欧州複合モード)
価格:2653万9635円/テスト車=3297万8705円
オプション装備:ブルーエレオス<メタリックボディーカラー>(111万4630円)/オレンジブレーキキャリパー(15万0590円)/トランスペアレントエンジンボンネット&フォージドコンポジットエンジンベイ(67万7820円)/スタイルパッケージ<ボディーカラー>(22万5940円)/Narvi 20インチ鍛造アルミホイール<シルバー>(75万3060円)/タイヤ空気圧モニター<周波数315MHzハイレベルバージョン>(11万8140円)/テクノパッケージ<マグネットレオロジックライドサスペンション>(26万6310円)/ダイナミックパワーステアリング(25万6080円)/スモールフォージドコンポジットパッケージ(37万6640円)/フロアマット<レザーパイピング+ステッチ>(7万5350円)/オプショナルステッチ<ステアリングホイール>(3万0140円)/コントラストステッチ(10万5490円)/スポーツシート(78万0600円)/EVOトリム<スポルティーボレザービコローレ>(40万6780円)/ルーフライニング+ピラー<レザー>(15万0590円)/刺しゅう入りヘッドレスト(11万9570円)/スマートフォンインターフェイス&コネクト(40万6780円)/リアビューカメラ(24万1010円)/クルーズコントロールシステム(10万5490円)

[webCG 2020年8月12日の記事を再構成]

注目記事
今こそ始める学び特集