暑い夏は「青の映像美」で涼もう! 海の名作映画10選

■4位 ビッグ ウェンズデー 610ポイント
大波に挑む3人の青春物語
(C) 1978 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

サーフィンに明け暮れるマット、ジャック、リロイ。水曜日にやってくるという大波「ビッグ ウェンズデー」に挑むのを夢見ていた。しかしベトナム戦争への招集もあり散り散りに。時を経て待ちに待った大波がやってくる。「波に向かう3人のポスターは30年間、私のサーフショップに飾られていた。カリフォルニアのマリブビーチ。いろいろな人の青春がそこにある」(大井七世美さん)

(1)ジョン・ミリアス(2)1978年(3)ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント(4)1429円+税

■5位 ディープ・ブルー 550ポイント
撮影に4年半、自然界の神秘
(C)BBC Worldwide 2003

撮影に4年半もの歳月を費やした英BBCの海洋ドキュメンタリー。氷上で体を寄せ合うコウテイペンギン、氷の海に飛び込むホッキョクグマ、神秘的な光を放つ深海生物。ロケ地は200カ所を数え、撮影フィルム7000時間。海の知られざる一面を壮大なスケールで描いた。

「CG(コンピューターグラフィックス)もフィクションもない自然界の本当のドラマが感じられ、畏敬の念がわく」(中山徳子さん)。ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の音楽も必聴。

(1)アラステア・フォザーギル、アンディ・バイヤット(2)2003年(3)東北新社(4)スペシャル・エディション 4700円+税

■6位 キャスト・アウェイ 510ポイント
無人島脱出目指す人間ドラマ

エンジニアとして世界中を駆け回るチャック(トム・ハンクス)が飛行機事故で流れ着いたのは無人島。いとしいケリー(ヘレン・ハント)を心の支えに、島からの脱出を目指す。「悲惨な状況と対比して波や太陽や青空、たき火の炎が神秘的に描かれる。困難を乗り越えた後に待っている悲恋。深みのある人間ドラマ」(松岡良房さん)。バレーボールに名付けて話しかける姿に「感情移入した」との声も。

(1)ロバート・ゼメキス(2)2000年(3)NBCユニバーサル・エンターテイメント(4)1429円+税

■7位 パピヨン 430ポイント
服役囚2人が織りなす奇妙な縁

胸の蝶(ちょう)の入れ墨から「パピヨン(蝶)」と呼ばれる男。殺人の罪を着せられて終身刑の判決を受け、南米ギアナの刑務所へ。そして脱獄を決意。必要な資金のために偽札づくりの天才として知られる同じ服役囚のドガに目を付けるが、やがてふたりは奇妙な縁で結ばれていく。スティーブ・マックイーン、ダスティン・ホフマンというスターの共演も見どころ。

「海という自由の象徴に向かう主人公。解放への思いがひしひしと伝わる映像美に充実感」(田久保雅己さん)

(1)フランクリン・J・シャフナー(2)1973年(3)キングレコード(4)1900円+税

■8位 ザ・ビーチ 420ポイント
探し求めた伝説のビーチとは?
(C)2012 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

バンコクを旅していたリチャード(レオナルド・ディカプリオ)はダフィと名乗る男(ロバート・カーライル)から伝説のビーチの話を聞く。しかしダフィは1枚の地図を残して変死。リチャードはその地を目指すが……。「楽園のような風景と若者たちが正気を失っていく様子の対比が印象的。海の美しさが彼らを狂わせたとさえ思われる」(中村直樹さん)。

(1)ダニー・ボイル(2)2000年公開(3)発売 ウォルト・ディズニー・ジャパン(4)特別編 1419円+税(デジタルも配信中)

■9位 冒険者たち 350ポイント
財宝探しに待ち受ける悲劇
(C)Societe Nouvelle de Cinematographie(SNC)-Paris 1967

パイロットのマヌー(アラン・ドロン)、彫刻家のレティシア(ジョアンナ・シムカス)、レーサーだったローラン(リノ・ヴァンチュラ)。それぞれの夢に挫折し、アフリカ・コンゴ沖に沈む財宝探しの冒険に旅立つ。そんな3人に悲劇が待ち受けていた。

「アラン・ドロンやリノ・ヴァンチュラの名演はもちろんだが、この映画の魅力はやはりジョアンナ・シムカス演じるレティシアの存在」(大継康高さん)。美しい海と男女の映像にテーマ曲が重なり、心に残ったという意見が多かった。

(1)ロベール・アンリコ(2)1967年(3)ショウゲート/アミューズソフト(4)1429円+税

■10位 真夏の方程式 290ポイント
著名な写真家が水中撮影
(C)2013 フジテレビジョン アミューズ 文藝春秋 FNS27社

美しい海の残る町。海底鉱物資源の開発計画の説明会に招かれた物理学者の湯川(福山雅治)は旅館「緑岩荘」に滞在。やがて宿泊客の変死体が発見され、事件に巻き込まれていく。登場人物が抱える秘密とは。「日本を代表する水中写真家の中村征夫氏が水中撮影を担当したことで、ダイバーの間でも話題に。福山ファンだけでなくぜひみなくては」(後藤ゆかりさん)。伊豆の海の美しさは必見。東野圭吾原作「ガリレオ」シリーズ劇場版。

(1)西谷弘(2)2013年(3)アミューズソフト/ポニーキャニオン(4)スタンダード・エディション 3800円+税

海の見せる姿に人の内面重ねる

海のシーンが登場する映画は数多い。実際の豪華客船の事故を背景にラブストーリーを織り込んだ「タイタニック」や人食いザメの恐怖を描く「ジョーズ」。アニメーションも「海獣の子供」「崖の上のポニョ」「モアナと伝説の海」と人気作が目立つ。ジャンルも海の描き方も様々だ。

今回は海そのものの映像美や海を舞台にした人間ドラマに注目。候補を絞ってランキングを集計してみた。上位には長年愛される名作や壮大な自然の営みを切り取ったドキュメンタリー大作が並ぶ。近年はCGを多用する作品が増えたが、実際の海で撮影した映像が見る者をひきつける。

美しさや包容力、恐ろしさ、理不尽さなど海の持つ様々な面が描かれ、登場人物の内面やストーリーと重なり合うのも魅力。「あの描写はこの人物の心を表現していたのでは」。作り手の思いを推し量るのも楽しみ方のひとつだ。

日本映画では他に是枝裕和監督の「海街diary」や青を基調とした「キタノブルー」で知られる北野武監督の「あの夏、いちばん静かな海。」を推す声も目立った。

上位の作品はDVDなどを購入したり、レンタルや配信を活用したりして楽しめるものばかり。新型コロナウイルスの感染拡大で遠出もままならない日が続くが、作品を鑑賞しつつ、はるかな海へ思いをはせてみては。

■ランキングの見方 数字は専門家の評価を点数化。(1)監督名(2)製作年または公開年(3)発売・販売元(4)DVDの価格(本体+税)。写真は発売・販売元提供。

■調査の方法 邦画洋画を問わず海を舞台に描いた映画から、代官山 蔦屋書店の吉川明利さん、ゲオホールディングスの松岡良房さんらの助言をもとに、海の映像美を存分に味わえ、今でも購入・レンタルなどが可能な30作品を候補に選定(アニメーションやホラー、CGなどの要素が強い作品は除外)。海や映像の仕事に携わる専門家14人に「海の映像が美しい」「海のシーンが印象的」「ストーリーやキャラクターが魅力的」といった観点でおすすめ順に10作品ずつ挙げてもらい、編集部で集計した。

■今週の専門家 ▽荒川久幸(東京海洋大学教授)▽大井七世美(日本サーフィン連盟・海女)▽大継康高(うみぞら映画祭プロデューサー)▽木村尚(海辺つくり研究会)▽小坂剛(神戸海洋博物館)▽後藤ゆかり(月刊「マリンダイビング」編集長)▽杉森雄幸(海洋写真家)▽田久保雅己(舵(かじ)社「SeaDream」編集長)▽長島源(逗子海岸映画祭実行委員長)▽中村直樹(「日刊海事プレス」編集長)▽中山徳子(日本海事広報協会)▽松岡良房(ゲオホールディングス)▽吉川明利(代官山 蔦屋書店シネマコンシェルジュ)▽吉沢裕子(日本ビーチ文化振興協会)=敬称略、五十音順

(生活情報部 河野俊)

[NIKKEIプラス1 2020年8月15日付]


注目記事
今こそ始める学び特集