足見つけるって? 直訳ではわからないfind one's feetデイビッド・セイン「間違えやすい英語・聞き手編」(60)think

相手が話した英語を誤解して受け取ってしまった。そんな体験はどなたにもあると思います。日本人向けの英語教育で豊富な経験を持つデイビッド・セインさんは「日本人が聞き手として勘違いしやすい英語表現がある」と言います。今回は「足」「(長さの単位の)フィート」を意味するfeetを使ったフレーズについてご紹介いたします。

◇  ◇  ◇

今日は同じ部署で働いていたマリアの送別会にやってきているユウカ。幹事を任されたユウカは、日本風のお座敷レストランを選びます。隣のスティーブとマリアについて話しているところです。マリアはとても優秀で、ユウカもとても頼りにしていたので、会社を辞めてしまうのは2人にとっても寂しい出来事です。しかし新しい場所を目指しているマリカを応援したいという2人なのですが、会話は少しかみ合わなくなります。

それはこんな会話でした。

Steve: Are you having fun?
Yuka: I am! But I'm a little sad that Maria is leaving the company.
Steve: Yeah. She was a good one.
Yuka: She was.
Steve: Do you know what she'll do from now on?
Yuka: It looks like she'll work for a legal company.
Steve: She's really challenging herself, isn't she.
Yuka: Yeah, it's a completely different field.
Steve: Well, she's really good with people so I'm sure she'll find her feet soon.
Yuka: She lost her shoes?
Steve: I didn't say anything about shoes.
Yuka: Is she looking for them?
Steve: I don't think so.

日本語に置き換えてみると次のようになります。

スティーブ:楽しんでる?
ユウカ:ええ!でもマリアが会社を辞めてしまうなんてさみしいな。
スティーブ:そうだね。とても優秀だったからね。
ユウカ:ええ。
スティーブ:彼女次は何をするの?
ユウカ:法律関係の会社に行くみたい。
スティーブ:へえ、すごいチャレンジだね。
ユウカ:全く違う分野だものね。
スティーブ:ま、彼女は人に好かれるし、きっとすぐになじめるよ。
ユウカ:え? 靴なくしちゃったの?
スティーブ:いや、靴の話はしてないよ。
ユウカ:何か探してるの?
スティーブ:いや、探してないよ。

上記の会話は、マリアの送別会でのユウカとスティーブの会話。優秀なマリアの今後について、スティーブは「心配しなくて大丈夫」ということを伝えたかったのですが、ユウカはなぜか靴の話をはじめます。どこかで誤解が生じてしまったようです。

今こそ始める学び特集
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
注目記事
今こそ始める学び特集