熱中症はコロナと似た症状 脱水を避けマスクも着脱を

日経Gooday

自粛生活で、暑さに弱くなっている

今年は新型コロナの外出自粛による影響もある。4月に緊急事態宣言が出て、数カ月間、ほとんど外出しない生活を送ってきた人は外の暑さになれておらず、汗をかきにくくなっているだろう。

運動不足で筋力が衰えているのも、実は熱中症に影響する。体の中の水分は、主に筋肉に蓄えられる。運動不足で筋肉量が減れば、それだけ水分をためにくい体になっている。

「私たちの病院を受診する患者さんでも、長引くテレワークや外出自粛で体力が落ちてしまった人が目立っています。体を暑さにならすためにも、ウオーキングなどの運動をお勧めしています」と谷口さんは言う。

新型コロナが心配といっても、周囲に人がいない場所なら外に出ても大丈夫だし、マスクをする必要はない。緊急事態宣言中も、ジョギングやウオーキングは自粛の対象にはなっていなかった。しばらく運動していない場合は、無理をせず、涼しい時間帯に10分くらいのウオーキングからでも始めるのがいいだろう。

「高齢で外出が難しい方には、家の中で座っている時間をちょっと短くするように意識することを勧めています。ちょっと立ち上がって家事をするだけでも、かなり違いますよ」(谷口さん)

水分補給は、時間を決めて定期的に

最後に、脱水と熱中症を防ぐための水分補給のコツを聞いておこう。

「予防のために普段行う水分補給と、熱中症になったときの治療のための水分補給を、分けて考える必要があります」と谷口さんはアドバイスする。

先に説明したように、脱水を防ぐためには水分と塩分(電解質)の両方を補給する必要がある。ただ、日常の食事には多くの塩分が含まれているので、普通に食事がとれているとき、脱水予防のための水分補給は、水やお茶で十分だ。

「高齢者は脱水になりやすく、喉が渇く感覚が鈍っているので、渇くのを待ってから飲むのでは手遅れです。薬のように時間を決めて定期的に水分補給をしてください。コップ1杯程度の水分を1日8回くらいが目安です」と、谷口さん。

食事から摂取する水分は意外に多いため、夏バテなどで食事量が減ったときは、脱水を起こしやすい。食事がとれていない場合は塩分も不足するので、水分と塩分を含んだ食べ物(梅干しや塩あめなど)を一緒にとるか、スポーツドリンクや経口補水液で補給しよう。

「夏バテなどで食事の量が少なくなっていても意外に自分では気付きません。体調コントロールのためには、毎日決まった時間に体重を量ることをお勧めします。食事量が減ると体重ががくんと減るので、すぐにわかります」と、谷口さん。

「治療のための水分補給は、経口補水液が一番です。熱中症かもしれないと思ったら、すぐに経口補水液を飲んでください。500ミリリットルのボトルを1本飲んで症状がおさまるようなら、病院に行く必要はないでしょう。でも、もし意識が混濁したりしてきたら、すぐに救急車を呼んでください」(谷口さん)

これまで脱水を防ぐことを中心に紹介してきたが、熱中症の基本対策としては、エアコンや扇風機をしっかり使って環境を整えることも大切だ。家の中にいても熱中症にかかることは多い。涼しい日が続いた後には、それほど暑くなくても熱中症になりやすいので注意が必要だ。

新型コロナに気を取られているうちに熱中症で命を落としてはたまらない。この夏は、熱中症対策にも十分気をつけよう。

(文 梅方久仁子)

谷口英喜さん
済生会横浜市東部病院(横浜市鶴見区)患者支援センター長兼栄養部部長。1991年福島県立医科大学医学部卒業。横浜市立大学附属病院集中医療部、神奈川県立がんセンター麻酔科などを経て現職。専門は、経口補水療法、臨床栄養、周術期栄養・栄養管理など。深刻な脱水の一歩手前である「かくれ脱水」への正しい対処法を広く伝えることを目的に「教えて!『かくれ脱水』委員会」を立ち上げ、副委員長として啓発活動に尽力している。

医療・健康に関する確かな情報をお届けする有料会員制WEBマガジン!

『日経Gooday』(日本経済新聞社、日経BP社)は、医療・健康に関する確かな情報を「WEBマガジン」でお届けするほか、電話1本で体の不安にお答えする「電話相談24」や信頼できる名医・専門家をご紹介するサービス「ベストドクターズ(R)」も提供。無料でお読みいただける記事やコラムもたくさんご用意しております!ぜひ、お気軽にサイトにお越しください。


ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
注目記事
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント