ソニー「着るエアコン」試してみた 体感の涼しさは?

日本を代表するエレクトロニクス企業であるソニーが、その最先端技術を投じたポケットサイズの“着るエアコン”「REON POCKET(レオンポケット)」を2020年7月1日に発売した。本機をどのように使用するのか、果たしてその効果はどうなのかレビューしたい。

冷感・温感を得るためだけのウエアラブルデバイス

ソニーから発売された新しいウエアラブルデバイス「REON POCKET」は“着るエアコン”のような使い勝手を実現した、夏の暑さ対策に必携のアイテムだ。

レオンポケットはワイヤレスマウスのような大きさ・形のウエアラブルデバイスだ。重さは約89グラム。端末を専用インナーウエアの背面ポケットに装着し、機器底面のパネルを直接肌に当てて首元を冷やしたり、温めたりする。ソニーで本機を開発した担当者は、その冷温感について「首元に接触した状態が最も高い効果が得られる」ため、このような装着スタイルになったと説明する。

レオンポケットを身に着けた後は、専用のスマホアプリから端末を操作する。冷温感ともに4段階から強度を調節すると、首元に触れるシリコンで覆われたパネルが冷たくなったり、温かくなったりする。パネルの内側には電圧をかけることにより発熱/吸熱(冷却)する「ペルチェ素子」という小型電子部品が組み込まれている。この部品がいわば本機の心臓部だ。

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
MONO TRENDY連載記事一覧