コロナワクチンでカブトガニ危機? 企業が頼る青い血

日経ナショナル ジオグラフィック社

ナショナルジオグラフィック日本版

米ニュージャージー州、デラウェア湾からほど近いストーンハーバーの砂浜にいるアメリカカブトガニ(PHOTOGRAPH BY JOEL SARTORE, NAT GEO IMAGE COLLECTION)

毎年春になると、満月に導かれて何十万匹というカブトガニが産卵のため米大西洋沿いの砂浜に上陸する。お腹を空かせた鳥たちにとっては、ご馳走。製薬会社にとっては、医薬品の安全を確保するために必須の資源だ。

カブトガニの青白い血液から得られるライセート試薬(リムルス変形細胞溶解物)は、内毒素(ないどくそ、細菌内の細胞壁に含まれる毒素)を検出できる唯一の天然資源だ。微量の内毒素が、ワクチンや注射薬、人工膝や人工股関節等の滅菌医療機器に入り込んだだけで、人を死に至らしめることがある。

「世界中の製薬会社がカブトガニに頼っています。私たちがいかにこの原始的な生物に依存しているかを思うと、気が遠くなりそうです」。そう話すのは、米国の自然保護団体、ザ・ネイチャー・コンサーバンシーのニュージャージー州ディレクター、バーバラ・ブラマー氏だ。

製薬会社は毎年およそ50万匹のアメリカカブトガニ(Limulus polyphemus)を捕獲し、血液を採取したのち海に返す。だが、多くの個体はその後死亡する。こうした慣例と、釣り餌に使われるせいで、米大西洋岸中部の州では過去数十年の間に減ってしまった。

1990年には、アメリカカブトガニの主な産卵場所であり、製薬会社が捕獲するデラウェア湾で、124万匹が産卵していると推定された。2002年にはそれが33万3500匹まで減少。近年では個体数は安定しており、2019年の調査では推定33万5211匹とされた(新型コロナウイルス感染拡大のため、2020年の調査は中止された)。

カブトガニを捕獲し血液を採取する作業は時間がかかるが、得られるライセートは血液1ガロン(約3.8リットル)あたり6万ドル(約640万円)になる。2016年にはライセートに代わる合成物質「リコンビナントC因子(rFC)」が開発され、代替品としてヨーロッパで認可されたのち、米国でもいくつかの製薬会社が利用し始めた。

米ニュージャージー州のデラウェア湾でキョウジョシギがカブトガニを食べる。キョウジョシギをはじめとする渡り鳥にとって、カブトガニは欠かせない食物源だ(PHOTOGRAPH BY DOUG WECHSLER, MINDEN PICTURES)

しかし、2020年6月1日、米国内の医薬品等の科学的基準を定める米薬局方では、未だ安全性が証明されていないとしてrFCをライセートと同等には扱わないとされた。

7月以降、スイスに本拠地を置く製薬大手ロンザはヒトで臨床試験を行うために新型コロナウイルス感染症ワクチンの製造を開始するが、ワクチンを米国で販売するならばライセートを使用する必要がある。

ヒトの健康と安全は、特に新型コロナウイルスに対するワクチンのような重要性の高いものにおいては最優先だ、とブラマー氏は話す。しかし、同氏を含む保護活動家たちは、rFCをはじめとする代替品が利用できなければ、新型コロナウイルス感染症ワクチンなどのためにカブトガニの血液に依存し続けなければならず、カブトガニのみならず海洋生態系そのものが危険にさらされかねないと心配している。

ナショジオメルマガ
注目記事
次のページ
カブトガニの青い血の恩恵
ナショジオメルマガ