有森裕子 ウィズコロナ時代のマラソン大会はどうなる

日経Gooday

ランナーがそれぞれ好きなコースを走ってタイムを競い合う、バーチャル大会も登場しています。(C)wang Tom-123RF
ランナーがそれぞれ好きなコースを走ってタイムを競い合う、バーチャル大会も登場しています。(C)wang Tom-123RF
日経Gooday(グッデイ)

2カ月余りに及んだステイホーム期間をなんとか乗り越えて、少しずつ日常が戻りつつあります。しかし、生活のリズムや環境が変わったストレスで、心身に不調を感じる人は少なくないように思います。ランニングやおうちトレーニングなど、今できる運動を無理のない範囲で習慣化し、ストレスをできるだけためない生活を心がけましょう。梅雨が明ければ、一気に気温も上がります。こまめに水分を補給し、人が密集していないところではマスクを外すなど、熱中症にはくれぐれも気をつけてください。

プロスポーツが再開する中、マラソン大会の開催が難しい理由

緊急事態宣言が解除されてから、スポーツの現場でも、公式戦などが徐々に開幕・再開し始めました。海外では、ヨーロッパ各国のサッカーリーグが開幕し、テニスのツアーも再開が決定。日本でも、プロ野球やサッカーJリーグの公式戦が始まりました。

しかし、マラソン大会やロードレースの開催は、秋冬シーズンであっても国内外問わずなかなか難しいものがあります。数千人から数万人規模のランナーがプロとアマの隔たりなく参加し、沿道には多くの人が集まり声援を送って盛り上がるのがマラソン大会の魅力です。しかし、その良い部分が、コロナ禍ではあだとなってしまっています。

マラソン大会では、数千人、数万人の参加者が一度に集まるため、交通機関や待機場所、更衣室などが「密」になりやすく、屋内施設やスタジアムの中で行う競技ではないため、無観客状態にもしにくいものがあります。さらに大会を支える多くのスタッフやボランティアも必要ですので、身体的距離(フィジカルディスタンス)の確保が難しく、感染が起こる懸念が拭えません。

ベルリンマラソンやニューヨークシティマラソンなど、世界的に有名なマラソン大会も次々と中止を発表し、国内でも、私が毎年参加しているおかやまマラソン、神戸マラソン(いずれも例年11月開催)、奈良マラソン(例年12月開催)などが早々に中止を発表しました。今年いっぱいは、中止となるマラソン大会がほとんどでしょう。

半年も後に開かれる大会を、現段階で中止にするのは判断が早すぎるのでは?と思う方もいるかもしれません。しかし、このような大規模の大会を準備するのは本当に大変なことで、ギリギリまで状況を見極めて、開催か中止かを決めるのは相当なリスクを背負います。参加を待ち望んでいて、「もう少し粘ってほしかった…」と落胆したランナーの方も多いと思いますが、そうした大会運営側の状況を理解していただければと思います。

その一方で、参加者を開催地域の在住者だけに限る、年齢制限を設ける、参加標準記録を高くする、コースに公道を使わず、人の少ない公園や河川敷のみにするなど、可能な限り人数を絞り、感染リスクを下げて開催する方法もあるとは思います。今後、マラソン大会やロードレースの関係者の人たちが、どういう形であれば大会を開催できるのか、ウィズコロナ時代のマラソン大会のあり方について、組織や地域の枠を越えて知恵を出し合う場を設ける必要があると思います。

数千人から数万人が参加するマラソン大会は、「密」を避けるのが容易ではありません。(C) anoyo-123RF
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
注目記事
次のページ
マラソン大会をバーチャルで楽しむ時代に
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント