星野源さん どんな状況でも平熱であり続ける強さ

綾野剛さんと星野源さんがダブル主演しているドラマ『MIU404』(TBS系)が好調です。このドラマは、警察内部の初動捜査のプロフェッショナルであるという架空設定された臨時部隊「警視庁刑事部・第4機動捜査隊」(通称、機捜)が、24時間というタイムリミットのなかで事件解決に挑む1話完結型のストーリー。凸凹な刑事コンビの会話や派手なカーアクションなどが見どころとなっています。

(イラスト:川崎タカオ)

綾野さんが演じる伊吹藍は、運動神経と刑事のカンが鋭いものの社会人としての常識に欠けた破天荒な性格の持ち主、一方、星野さんが演じる志摩一未は、観察眼と緻密な分析力を持ち、自分も他人も信用しないというクールで理性的なキャラクターです。

この2人のコンビネーションが絶妙すぎると、早くもネットで盛り上がっています。特に星野さんの場合には、再放送されていた大ヒットドラマ『逃げるは恥だが役に立つ(逃げ恥)』(TBS系)に続けて、今回のドラマがスタートしたこともあり、役柄の演じ分けについて、より注目が集まる形となりました。

闘病で価値観が一変

星野さんといえば人気俳優としてだけでなく、ミュージシャン、文筆家と、様々な顔を持ち合わせています。自身が作詞作曲した『逃げ恥』の主題歌『恋』は、恋ダンスと共に一大ブームを巻き起こし、同曲で紅白歌合戦への出場も果たしました。一方、『LIFE!~人生に捧げるコント~』(NHK)では、お笑い芸人の方々に交じってコント師としての才能も発揮しています。

まさにマルチタレントとして全方位で活躍する星野さん。一時は、「どれだけ忙しくても、働いていたい。ハードすぎて過労死しようが関係ない」という思いで全ての仕事に臨んでいたそうです。

ですが、2012年にくも膜下出血で倒れてからは、その思いが変わったとのこと。その思いの変化は、2015年に発売された著書『働く男』(文春文庫)の冒頭で語られています。

「過酷な入院生活で、私は大人になった。仕事が中心の生活ではなく、己が中心の生活に変わった。(中略)とはいえ、『働く男』の自分を否定する気にはなれない。この本に書かれている以前の私の仕事への想い、姿勢は今もあまり変わっていない。仕事が始まると夢中になるし、自分の職種は常に仕事と真直ぐ向き合い、戦っていかなければ(本気で遊んでいかなければ)良い仕事はできないと今でも強く思っている。

しかし、昔のような依存感、中毒感、過剰な苦しみは一切感じない。楽しい。人前に立つ喜び、アイデアを実現する面白さ、そんな仕事をできる立場になった達成感。すべてを自分中心に平熱で感じることができる」

すべてを自分中心に平熱で感じることができる……。この言葉はまさに星野さんの雰囲気にぴったりはまる気がします。

平熱で臨む意味とは

俳優として、ミュージシャンとして、コント師として、様々な顔を見せてくれる星野さんですが、どの仕事も自然体で臨み、見ている側に気概や圧を感じさせません。まさに平熱の人であるように感じます。

実際、その圧のなさは、緊急事態宣言中、皆が自粛する状況のなか、誰もがコラボできる楽曲『うちで踊ろう』を作詞作曲し、多くの人たちにやさしいエールを送った姿にも表れていました。

急激に社会環境が変化し、多くの人たちが不安や焦りを感じていたときに、力みのないアコースティックギターの音色と軽やかな歌声は、私たちを癒やし、静かに勇気づけてくれました。何より「今はウチにいていいんだ」と、自分自身を肯定する力を与えてくれたように思います。そして、自分自身を肯定することによって、多くの人たちが平常心と平熱を保つことができたようにも感じます。

平時と違った有事においては、想定外の困難が襲ってくることもあります。

そんな時に、自分を責めたり、あるいは社会環境を恨んだりすることにエネルギーを注いでしまっては、自身のなかで悪い熱が上がってしまいます。

注目記事
次のページ
音楽で人に寄り添う気概