『紅蓮華』は配信開始から1年経った4月29日発表のオリコン週間デジタルシングル(単曲)ランキングで返り咲き1位を獲得するなど、異例のロングヒットに。

「長く、たくさんの人に愛されているんだなということを実感します。そのときだけでなく、長い時間みんなが聴き続け、楽しみ続けてくれているというのは音楽の在り方としても正しいと思うんです。

私はアヴリル・ラヴィーンがすごく好きですが、彼女の1stアルバム『Let Go』を何年も聴きまくっていて、そのCDが一番の思い出。そんなふうに、『紅蓮華』という曲が、時代を超えて誰かの大切なものになれた気がしますね」

LiSAはデビュー以来、UNISON SQUARE GARDENの田淵智也から楽曲提供を受けるなど、ロックを歌うソロ女性アーティストが少ない昨今、“ロックヒロイン”として注目されてきた。アニソンとロック、これから――彼女の求める音楽とは。

「私自身は子どもの頃(日本の)アニメを見てきたタイプではなくて。『美女と野獣』のベルに憧れて幼少時はミュージカル、R&Bが好きで、学生時代はパンクバンドをやっていました。それが『Ang el Beats!』という作品に関わることで、アニメを好きな人たちの真っすぐな気持ちって素晴らしいなと思ったんです。何者でもない、それまで知らなかったはずの私を、自分の好きな作品に関わる1人として無条件で愛してくれた」

自分は何者で、何ができるんだろう

「私がパンクバンドでやっていたのって、自分の感情の発散、受け入れられない悔しさとか、『自分は本当はこうなのに、『女だから』って言わないでよ』みたいな、自分らしさを表現するための手段だったんです。それが、『Angel Beats!』で初めて、受け取ってくれる人という対象ができた。その人たちに対して『自分はどんな歌を歌っていきたいのか』と考えるようになったんです。

ソロデビュー前にそのことを考えて――すごくおこがましいけど、いつかこの曲を聴いた誰かが今を愛せたらいいなと思って『Believe in myself』(※)という曲を作りました。ここからLiSAは始まっているんだと思います。そして、1stシングル『oath sign』では、『Fate』シリーズという作品の大きさに恐れをなしつつも、『何も知らない私がやるからには、誠意や責任感が必要だ』と覚悟を持って挑みました。アニメを見てきた人間じゃないけど、どれだけ作品に愛情を込め、ファンと向き合えるか。

※デビューミニアルバム『Letters to U』(11年)に収録

転機となった曲はたくさんありますが、あえて挙げるとすれば、1つめは『Rising Hope』(14年5月)。初めての日本武道館ライブで挫折を経験した後で、『音楽で返したい」と田淵先輩と相談して作り上げた曲です。そして初めてバラードに挑戦した『シルシ』(14年12月)。激しい曲が多かったなか、圧だけじゃなく感情で歌う――『SAO』シリーズにたくさん関わらせていただいたからこそ、《マザーズ・ロザリオ》編のエンディングに対してこの曲が書けたんだなと。アニメとLiSAの心の置き方をずっと勉強していたのが、この2曲でアニメを歌うLiSAを見いだせるようになりました。

ロックを選んだのは、好きだったのはもちろんですが、『自分は何者で、何ができるんだろう』と模索していった先にあったから。ロックサウンドの表現の仕方が自分には一番合うなと自覚していましたし、バンドの経験を生かした表現をアニメでできたらきっと楽しんでもらえると思ってやってきました。全部つながっているんです。

今、思うのは、LiSAというアーティストを1つひとつ積み重ねていくこと。そして、LiSAを好きでいてくれる人たちを裏切らないように――ワクワクさせたいんです。楽曲のはかなさや身を削るように歌う過剰な表現方法から、『いつかいなくなっちゃうんじゃないか』とファンを心配させてしまうこともあるんですが、『大丈夫だよ、いなくなんないよ』って。

『LiSAのライブに行くと元気になるよね』とか、『楽しい音楽を作ってくれるに違いない』とか、そんな期待を裏切らない存在であり続けたいと思っています」

(ライター 山内涼子、日経エンタテインメント! 平島綾子)

[日経エンタテインメント! 2020年7月号の記事を再構成]