ドライブインシアター 3密防止・屋外の特別感で脚光

日経クロストレンド

日経クロストレンド

かつて人気だったドライブインシアターが、コロナ禍の中で再び盛り上がりを見せている。6月、東京タワー下で開催したシアターはチケットが3分で売り切れた。「車」という閉鎖空間で、ソーシャルディスタンスを保ちながら映画を鑑賞できるだけでなく、映画館とはひと味違う体験を得られる。

ドライブインシアターは、駐車場などに巨大な野外スクリーンを設置し、車の中から映画を鑑賞するという施設。1950~60年代に米国でブームになり、日本でも90年代に人気が高まった。一時期は全国に20カ所以上のドライブインシアターが存在したというが、豪華施設を誇るシネマコンプレックスの普及などにより客足が遠のき、衰退したという。

そのドライブインシアターが、コロナ禍の中で再び盛り上がりを見せている。中でも目立つのが、事業プロデュース会社ハッチ(東京・目黒)のシアタープロデュースチーム「Do it Theater(ドゥイット・シアター)」が手掛ける「ドライブインシアター 2020」だ。「今こそ、ドライブインシアターをつくろう。」という趣旨で、全国各地でドライブインシアターを興行するという企画だ。

6月20日には東京タワーの下で、ドライブインシアターイベント「Do it Theater presents ドライブインシアター2020 東京タワー」を実施し、車40台(約100人)の観衆を集めた。チケットはわずか3分で売り切れたという。これに続き、第2弾を7月17日から19日に神奈川・大磯ロングビーチで開催した。さらに第3弾として大阪・万博記念公園で開催する計画だ。

「ドライブインシアター 2020 東京タワー」の様子。チケットは車40台限定、オンラインで事前販売したが、約3分で完売したという

ドライブインシアターを継続的に運営していくため、クラウドファンディングで支援者も集めている。1000円から50万円のプランがあり、金額に応じてサンキューメッセージやオリジナルグッズなどのリターンを用意している。4月上旬にステートメントを発信して以来、5月末までに約200件の問い合わせがあったという。7月13日時点で支援額は目標の250万円を超え、500万円に達している。

一部プランのリターンとして提供するオリジナルTシャツ。映画監督、アーティスト、文化人、俳優・女優など、同プロジェクトに賛同した著名人のサインをレイアウトしている。デザインは桑田氏

同チームが初めてドライブインシアターを手掛けたのは、14年の秋。「ドライブインシアター浜松」というイベント名で、浜松市の遊園地の駐車場で開催した。以来、定期的にドライブインシアターを興行している。これまでに8回開催した実績を持つ。自動車系企業が、若者の自動車離れ対策の一環として賛同し、スポンサーになってくれたこともある。

「映画で見たドライブインシアターに憧れて、自分たちでそれを再現したいと思った。当初は、他にドライブインシアターを手掛けている企業はなかったと思う。それが今、こんなにも注目されていることに驚いている」(ハッチのシアタープロデュース事業部・Do it Theater代表の伊藤大地氏)

同チームがクラウドファンディングにこだわるのは、資金調達がしたいというだけの理由ではない。そこには、「ユーザーと一緒につくる体験」を共有したいという思いがある。

「クラウドファンディング自体は、ドライブインシアター浜松などでも実施していた。その経験を踏まえて、クラウドファンディングなら、『皆で一緒にイベントをつくる』という一体感や楽しさを届けられると思った。イベントができるまでの様子をリアルタイムで見せることができるし、お客の声もくみ取りやすい」(伊藤氏)

新型コロナウイルス感染症の影響で生活が変わり、気落ちしたり、楽しみがなくなってしまったりという人も多い。そんな中、何かを生み出す、つくり上げるという体験は、それだけで大きな力になる。クラウドファンディング自体が、イベントを盛り上げる1つの要素になっている。

同チームの思いに共感し、さまざまな人がクラウドファンディングに参加してくれた。支援者の年齢は、20~50代と幅広かった。「懐かしい」という人もいれば、伊藤氏のように「映画で見た憧れの空間」という人もいた。映画好きはもちろん、車好き、野外フェス好きの人たちが集まった。

ファンからの期待も大きい。4月上旬に「ドライブインシアターでどんな映画が観たい?」という内容のWebアンケートを約2日間実施したところ、650件(275作品)のリクエストが届いた。東京タワーのイベントでは、リクエストでも人気だった米映画『スパイダーマン:スパイダーバース』を上映した。

Do it Theaterでは、14年の秋に「ドライブインシアター浜松」を成功させて以来、定期的にドライブインシアターを手掛けている。この画像は江東区青海(東京、16年)のもの
この画像は大磯ロングビーチ(神奈川、16年)のもの
注目記事
次のページ
感染症拡大対策としてのルールを策定
今こそ始める学び特集