機能派、美脚効果… 今おすすめのイージーパンツ6選

MEN’S EX

2020/7/14

関口 「B」のジェルマーノもジャージーだけれど、こちらは色が杢調グレーということでちょっとスウェットのような雰囲気。スニーカー通勤にハマりそうな1本!

GERMANO(ジェルマーノ)

楽チンときちんと感が絶妙バランス

洗練された細身テーパードシルエットのジャージーパンツ。ドローコードは内側にしまえてベルトループも備えるため、シャツインも綺麗に決まる。腰は背面のみギャザーリブ仕様。伸縮性がありつつ、目の細かな生地なのでダレにくい。綿98%+ポリアミド2%。 2万5000円(粋な着こなし)

田上 「B」の中なら、僕はジャブスアルキヴィオを選ぶかな。生地は贅沢にも伊VBC社のウールモヘア。汗でビショビショになっても消えない、摘み縫いによる永久クリースもポイント。

GABSARCHIVIO(ジャブスアルキヴィオ)

リッチな素材の大人のイージーパンツ

定番「マサッチョ」がベース。ドローコード付きのイージー仕様だが、VBC社の柔らかで通気性に優れ、さらに光沢感のあるウールモヘアを使用したことでラグジュアリーな雰囲気が漂う。ドローコード先端のゴールドパーツも洒脱なアクセントに。 3万8000円(エフイーエヌ)

樗澤 ブリリア 1949の黒パンツはどうですか? ゆったりしつつ攻めすぎない絶妙なライン、とてもいいと思うんですけど。

BRIGLIA 1949(ブリリア 1949)

新鮮な着こなしへ導くモダンシルエット

スラックスからデニムまで幅広く手掛けるナポリ発ファクトリーブランドの一本。ゆったりテーパードの9分丈の黒は、ほのかにモード感がありつつすっきりした印象に。洗濯機で洗えるのも嬉しい。ウール54%+ポリエステル45%+PU1%。 2万5000円(トヨダトレーディング プレスルーム)

関口 これ、オレも気になってたんだよな。ワイドほど太くはないし、田上みたいに細身のパンツが好きな人も無理なくイメチェンできていいんじゃない?

※表示価格は税抜きです。

撮影=平山太郎、若林武志、伏見沙織 スタイリング=四方章敬 ヘアメイク=TANO(CUTTERS)、MASAYUKI(The VOICE) 構成・文=小曽根広光 文=吉田 巌(十万馬力)、間中美希子、秦 大輔 撮影協力=iconic

MEN'S EX

[MEN’S EX 2020年6・7月号の記事を再構成]

注目記事
今こそ始める学び特集