powered by 大人のレストランガイド

リス、猫、渦巻き… かわいいパンでおうち時間を満喫

かわいすぎると話題の「Shou Shou」の動物パン
かわいすぎると話題の「Shou Shou」の動物パン

「おうち時間」が増え、より自宅での食事を楽しもうという人が増えている中、最近、見ているだけでも楽しい「映えるパン」が人気を集めている。中でもいやし効果抜群の動物をモチーフにしたパンや、かわいらしい猫型のパン、カラフルで美しいキューブパンなどがSNS(交流サイト)などでも話題沸騰中。お取り寄せや宅配などもやっているので、テレワークの合間の「おうちごパン」にもお薦めだ。

東京の千駄木と山形県天童市に2店舗を構え、オンライン販売なども行っている「Shou Shou」(シュシュ)は、かわいすぎる動物パンで話題を呼んでいる。リス・ヒツジ・ゾウなどのとてもかわいらしい動物キャラパン6種(税込み1050円~)や、カラフルな動物の食パン7種(1斤・税込み1760円)などをラインアップ。どちらもオンラインでも販売している。

2016年にオンライン販売からスタートし、現在はおうちご飯の需要が拡大していることも影響し、予約が殺到して客のもとに届くまで約1~2カ月かかる人気ぶりだ。売り上げ全体の7割をオンライン販売が占めている。19年4月にオープンした天童店は、月に1日程度の営業だったので、店を開けると3時間程度で売り切れる日もあった。現在は毎週土曜の午後1~6時(売り切れ次第終了)のみ販売している。

東京の千駄木店は、20年1月にオープンした。こちらでは毎週土・日だけ営業しており(現在は短縮営業で毎週土曜のみ午後1~6時営業で、なくなり次第終了)、6月14日からは動物パンの作り方が学べるパン教室も再開した(2店舗とも宅配はしていない)

カットするとかわいらしい動物が現れる「Shou Shou」の動物食パン

「デコ食パン」の認定講師でもあるオーナ―の奥山裕之さんは、「子どもが喜ぶパンを作りたかったので動物パンを考案しました。満足のいく動物の形ができるまで大変でした。子どもが食べるものなので、色付けに食紅などを使いたくなく、鮮やかな色が出て、味にも影響しない野菜や果物を見つけるのにとても苦労しました」と話す。

色付けに使う野菜や果物は国産で、細かくカットして食品乾燥機で約15時間乾燥させ、ミキサーで粉末状にしたものをパン生地に練りこんでいる。

動物食パンは4色のパン生地を約30個の小さな生地に分けて、男の子と女の子の2パターンの絵柄が出るように、金太郎あめを作る要領で丁寧に計算をしながら組み合わせ、1つにまとめるという。したがって、食パンをスライスする度に、動物の表情がかわいらしく出てくる。

「Shou Shou」で人気の「りすパン」(4個セットで税込み1440円)。右は製造工程

奥山さんによると、「20代~60代の幅広い女性客に特に人気です。自分用だけでなく、お子さん用やお孫さん用などにも買われて行かれるようです」とのこと。最初は見た目のかわいらしさにひかれて購入する客が多いのだが、小麦は北海道産、牛乳は乳脂肪分3.7%以上の北海道・十勝地区産、そして無塩バターは通常の食パンの約2.5倍も使っていることで、そのおいしさにも感動する客も多いようだ。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド