試合を支えた心のこもったおにぎり 伊達公子さん食の履歴書

倉岡さんはニューヨークからウィンブルドンへ駆けつけた=三浦秀行撮影
倉岡さんはニューヨークからウィンブルドンへ駆けつけた=三浦秀行撮影

テニスプレーヤーとして世界最高4位になるなど、華々しい活躍をした伊達公子さん(49)。世界で戦い始めたころ、その心身を支えたのは、愛情が込められた日本人のソウルフードだった。

18歳でプロになり、最初にウィンブルドン(全英選手権)に行ったときから、倉岡伸欣(のぶよし)さんのおにぎりが、そばにあった。「大体2つ。3つのときもあったかな。好物の梅は絶対入れてもらって、もう一つはタラコのこともあれば、おかかのことも。開けてみてのお楽しみ」。試合前夜に受け取って、朝起きて食べたり、戦う前に食べたり。「試合会場に持ち込めて、いつでも頬張れる。手も汚れない。すごい食べ物。何より日本の味がした」

倉岡さんは米ニューヨークで「レストラン日本」を経営していた。妻とともに長年、日本人テニス選手を支えた。米国での試合はもちろん、ウィンブルドンの期間中は調理師と渡英。会場近くに家を借り、選手やコーチにおにぎり弁当を届けた。噂はマルチナ・ナブラチロワ、ヤナ・ノボトナら超一流の外国人選手の耳に入り、「ミスタークラオカ、私の分は?」。倉岡さんは彼女たちにもおにぎりを渡し、試合を見に行った。

倉岡さんがいない試合では、自ら炊飯器を持ち運んだ。コメや重い変圧器も。ホテルで洗米して炊飯器にセットし、タイマーの音で目覚める。自分でおにぎりを握ってから試合会場に向かった。

ただ倉岡さんのおにぎりは違っていた。「味がとびっきりおいしいというより、やっぱり思いですよね」と笑う。応援する気持ちごと食べていると実感した。夜は倉岡さんの店や借りた家へ行き食事を共にした。「肉とか天ぷらとか、いろいろな物を食べさせてもらった」

食べたいと思ったら体が欲している

「幼いときからよく食べよく寝る子だった」と振り返る。高校時代のコーチは食にこだわりがある人で、その影響を受けた。高校卒業後は一人で上京すると、試合後によく、お好み焼き店「甚六」(東京・港)に通った。「友達もいなくて、関西の味や言葉が恋しくて。この店では『関西人の伊達公子』として接してもらえて、癒やされた」

関西から上京したときはお好み焼きが恋しかったと笑う

その後強くなり、海外を転戦するようになってからは、その土地の物を食べたり、お店に行ったりすることを楽しんだ。普通なら避けがちの生ガキだって選んだ。「ただし、信頼できそうだなと思ったお店なら。そういう勘は当たる」。食べたいと思う物は体が欲している物のことが多い。細かいルールは定めず、「今日は絶対に肉!」などという気持ちを大切にする。

欧州でパンやカフェの魅力に気づき、引退後はドイツパンとコーヒーの店「フラウクルム」をプロデュースしている。新型コロナウイルス感染拡大で外出自粛中のインスタグラムには、おいしそうな自炊の写真が並ぶ。「おコメはもちろん、パンもイタリアンも大好き。食事をコンビニで済ますことはめったにない」

注目記事
次のページ
活気あるシチリア料理店
今こそ始める学び特集