あいみょんの歌声が心癒やす CM好感度、キリン4位2020年5月度 CM好感度月間ランキング

日経エンタテインメント!

CM総合研究所が発表する5月度の銘柄別CM好感度ランキングで、キリンビール「淡麗グリーンラベル」が4位にランクイン。若者に人気のシンガーソングライターあいみょんがCM初登場して弾き語りの歌を披露する内容が、女性を中心に支持されて自己最高順位を記録。緑あふれるさわやかな映像や澄んだ歌声が、コロナ禍で不安な日々を送る消費者の心を癒やした。

キリンビール「淡麗グリーンラベル」のCM「GREEN JUKEBOX風編」。川のほとりであいみょんが『マリーゴールド』を弾き語りで歌い、多部未華子が商品を味わう
CM総合研究所調べ

キリンビールは発泡酒「淡麗グリーンラベル」のリニューアルにあわせて4月14日から多部未華子とあいみょんが出演する新CM「New Green編」「GREEN JUKEBOX旅編」、20日から続編として「GREEN JUKEBOX風編」の3編を放送。銘柄別CM好感度は4月度の10位から5月度は4位に順位を上げて、得票・順位ともに自己最高を記録した。

「New Green編」では、緑が広がる草原で多部がグラスに注がれた商品を手にとると、その向こうにギターを奏でるあいみょんの後ろ姿が現れる。「GREEN JUKEBOX旅編」では、多部がジュークボックスの「旅」のボタンを押すと、汽笛が鳴り響いて列車が現れる。どこまでも続く草原を走る列車のデッキで緑の広がる景色を楽しみながら、あいみょんがギターの弾き語りで『ハルノヒ』を歌い、多部が商品を味わう。続く「GREEN JUKEBOX風編」では、多部が「風」のボタンを押すと、どこからか歌声が聞こえてくる。川のほとりで初夏を感じさせる暖かな日差しを浴びて、あいみょんが奏でる『マリーゴールド』を聞きながら、商品を味わう多部の麦わら帽子が風に飛ばされる……。

「New Green編」では多部未華子がグリーンラベルが新しくなったことを伝えた

2018年春から始まった「GREEN JUKEBOX」は、有名アーティストがその人気楽曲のアコースティック・バージョンを披露するCMシリーズ。あるところにJUKEBOXが現れ、多部がボタンを押すと、ボタンに書かれたテーマの世界に誘われるという設定だ。どの世界に行っても共通しているのは、緑あふれる世界と心地よい歌声、そして商品があって、「いいオフ」の時間を過ごすことができること。これまでにSEKAI NO OWARIのFukase、RADWIMPSの野田洋次郎、back numberの清水依与吏らが登場している。

あいみょんは、18年に『マリーゴールド』が大ヒットして同年末の『NHK紅白歌合戦』に初出場。19年も数々の音楽ランキングで上位に入り続けている、若者に人気のシンガーソングライターだ。フォークの香りがする楽曲にはどこか懐かしさも感じられるとあって、年上の層へも人気が広がっている。

キリンビールマーケティング部ビール類カテゴリー戦略担当の村上亜美氏は、あいみょんをCMに初起用した理由をこう語る。「幅広いお客様に人気のアーティストで、グリーンラベルがお客様に届けたい『いいオフ』のイメージにぴったりだったので、出演をお願いいたしました。昔から私生活でもグリーンラベルが好きで飲んでくださっていたようで、過去“糖質70%オフを飲みながら…”という歌詞の曲を書かれたこともあるそうです。結果、CM起用アーティストさんとしてパーフェクトだったと思っています」

注目記事
次のページ
肩の力を抜いていいオフの時間を
今こそ始める学び特集