進化する「都市の顔」 円山・旭山動物園が描く未来

小菅正夫氏(左)と加藤修氏(札幌市の円山動物園)
小菅正夫氏(左)と加藤修氏(札幌市の円山動物園)

新型コロナウイルスの感染拡大で休園を強いられた各地の動物園だが、オンラインでの動画配信が話題となるなど、改めてその存在が注目された。海外との交流を深める円山動物園(札幌市)の加藤修園長と、「行動展示」を日本中に広めた旭山動物園(北海道旭川市)の小菅正夫前園長(北海道大学客員教授)に、これからの動物園について語ってもらった。

コロナ禍で休園、動画配信に力

――動物園の本来の役割とは何でしょうか。

小菅氏 まず動物を見て、楽しんでもらうことです。それにはお客さんが動物に共感できることが必要ですから、その共感を生むことが(旭山動物園の)行動展示のテーマになりました。人間が他の動物と違うのは共感できることで、動物もだんだん共感の対象になりました。(人と人、人と動物が)うまく共感できないときには争いが起きます。

最近の人は「自分らしく生きたい」とか言いながら、周りを見て「おれ、こんなんじゃ生きていけない」ってこぼします。動物だって、トラはトラらしく、キリンはキリンらしく生きるべきですが、彼らは与えられた環境の中でそれができるのがすごい。チンパンジーはチンパンジーらしく生きます。だから、動物たちが、彼らのすごい能力を発揮できる装置をつくろうと考え、それが行動展示につながりました。

行動展示で動物園ブームを起こした旭山動物園(北海道旭川市)

――コロナ禍による外出自粛などで人間らしさは余計に失われているようです。

小菅氏 いまの人間って、それほど自由じゃないんですよね。都市という空間は、動物園でいえば柵みたいなもの。でも動物園の動物たちは、そんなことでは悩まない。なぜなら、生きる目的がしっかりしているからで。人間よりずっとしたたかです。

加藤氏 だから円山動物園では、動物を「擬人化」するようなことはしません。動物のありのままの姿、すごさを見てもらいたい。人間っぽい動きを動物におぼえさせれば、一部のお客さんは喜ぶかもしれませんが。

――円山動物園が休園中、動画配信に力を入れたのはどうしてですか。

加藤氏 動物の魅力や生態のすばらしさを、家にいながら見てもらいたかった。学校が休みだから、勉強になるコンテンツも意識して入れました。でも、動画を配信して終わりじゃありません。動画では、においもしないし、気配も感じられない。動画はあくまで、動物に興味を持ってもらう入り口です。

小菅氏 「レクリエーション」はそもそも、人間性を再創造する場を意味する言葉です。その本来の意味で円山動物園が「レクリエーション」という言葉を使い始めたのはいつからでしたっけ。

加藤氏 昨年、2050年までのビジョンを作った時ですね。レクリエーションというと娯楽と思われがちですが、動物園は教育の場でなくちゃいけません。

小菅氏 教育って、学校だけのものではありません。社会教育、生涯教育もある。大人も楽しい、興味をひかれるような動物園になるには、スタッフによる語りかけが必要です。だからスタッフは、ものすごい知識量が求められます。

注目記事
次のページ
都市生活で失ったアイヌ民族の自然観