これこそライブ配信だ 「30時間ドラム演奏」に震えた立川吉笑

画像はイメージ=PIXTA
画像はイメージ=PIXTA

昼は茹(う)だるように暑いのに、夜はひんやり肌寒いこの時期が好きだ。梅雨が本格的になるまでのわずかな間を毎年楽しみにしている。

今月に入って落語会の仕事が少しずつ戻ってきた。久しぶりにお客様と向かい合うのはなんだか照れ臭くて、慣れるまで目のやり場に困った。何よりも拍手や笑い声が返ってくることがうれしくてたまらない。

それでも当然ながら元通りになったわけではない。密接な空間にしないよう間隔を空けて座席を配置するため従来のキャパの30%くらいしか動員することができない。当面は少人数での落語会を開催しながら、その模様を有料配信することで目減りした売り上げを確保していくことになりそうだ。毎月やっている談笑一門会もそのような方向で調整を進めている。

ネット配信、ライブか収録か

3月末から積極的に配信を行ってきた。やればやるほど痛感するのは「生配信の難しさ」だ。事前に収録したものを配信することに関してはとりあえず技術的な壁はほぼ無くなったけど、生配信になると途端にトラブルが増える。ほとんどの原因はネット回線の問題だと思われるけど、それを事前に予防することがどうしてもできない。配信に慣れたプロの業者が取り仕切る案件でさえ同じようなトラブルに見舞われるほど、とにかく生配信になると途端にスムーズな配信が難しくなる。

そんなこともあって、僕はある時点から生配信でなく収録配信の割合を増やすようにした。リスクを減らすためでもあるし、またしっかり考えてみたら生配信のメリットってそんなに無いんじゃないかとも思ったからだ。

生配信のメリットとしては「時間を共有していることによる一体感」とか「双方向のやり取り」だと思うけど、落語という芸の特性上(従来通りの落語を配信すると)落語をしゃべり始めた後は双方向のやり取りはできなくなる。ひとまず今の自分としては配信トラブルのリスクを補って余りあるメリットが生配信に感じられない。

そんな中、生配信の持つ圧倒的な力強さを体感させてくれる配信が先日あった。前書きが長くなったけど、今回は僕が震えた「GEZAN」というバンドの「石原ロスカル30時間ドラム配信」を紹介したい。

エンタメ!連載記事一覧
注目記事
次のページ
最初はぼんやり見ていたが
エンタメ!連載記事一覧